杉本昌隆七段vs福崎文吾九段
解説 小林健二

テレビが壊れたおかげで、見るのが一週間遅れになってしまったがしかたがない
先日解説会で見た、福崎さんの登場だ
相手は杉本七段、講座をやっている手前、実戦でいいところを見せられるか

戦型は相振りになった 自分としてはかなりうれしかった
ここのところ、銀河戦でもNHK杯でも、相振りを見た記憶がほとんどないのだ
めずらしいし、完全居飛車党の自分としては、見ている最中、次の手を考えることをせず、
純粋に観賞するだけなので楽だ
そしてなんといっても、杉本は「相振り革命シリーズ」の著者で、相振りの大家だ

先手杉本は矢倉模様、対して後手福崎は穴熊に組んだ
後手は端攻めのあと、どうやって手をつなげるのかと思ったら、
いきなり△8七香と飛車の頭に打った
そして飛車、角がお互いの駒台に乗るという展開に進んだ

後手の△8九成香が意味の無い駒だし、何しろ3一の銀が初手から一手も動いていない、
先手有利なんだろうな、と思ってみていたが、感想戦によると、
意外にも全然形勢は難しかったとのこと
後手の3一の銀は、先手から▲1二飛と打たれたときに△3二歩があるので、
▲1二飛を防いでいて、意味のある駒になっている
先手は飛車は1段目から打つしかなく、寄せ方が難しかったようだ

結果、なんと福崎の勝ち!相振りの後手で杉本に勝つとは、これは金星ではないだろうか
終局後、杉本はとても残念そうな表情で、勝負の世界が見れたいいシーンだった

福崎さんと言えば、先日の名人戦の関西将棋会館での解説会のとき、
「えーっと、羽生さんは今、二冠なんでしたよね、王将と、・・・もうひとつ、なんでしたっけ?」
と言って、羽生が王座だということを本当に知らなかった
王座といえば、福崎さんが取ったことのあるタイトルなのに、羽生が王座ということを知らない、
というのは意外だった 2chでは、「前王座16連覇」とか言われているけど、
それも本人は全然知らないんでしょうね(^^;

2回戦の福崎さんの対戦相手は、なんと佐藤康光だ
次でも振り穴を採用して、ぜひ一発、食らわして欲しいものだ
2008.07.06 テレビがきた
新しいテレビが配送されてきた
昼の2時すぎに配達のお兄さんが2人やってきた
サササーっと古いテレビを運び出し、サササーっと本体を設置して、
配線コードをつなぎ、各チャンネルなどの設定もあっというまに完了、
そして何事もなかったようにサササーっと帰っていった
所要時間わずか15分、さすがプロだ

買ったのは、日立のプラズマWooo37型250GBのHDD内臓タイプだ
今まで使っていたのはブラウン管29型(横長ではなく4:3の型)だったから、
やっぱり大きく見える

さっそく、どんな機能があるのかなーと、色々設定をいじってみた
画像の明暗、音の出方のモード、画面で設定できる様々なモード、
説明書を読みながら、のんびりと試していたら、ヨガに行っていた母が帰ってきた

そして、母がテレビの前にすわって、3時間以上経過しましたが動きません
もう今日は自分はテレビ見れません・・・
明日、テレビがきてけっこう体力を使うことになると思うんで、今日は休み
きのうの小池重明の棋譜には、なんだかんだで6時間かかりました
でも、その間全然、時間の流れを感じなかったですね、
朝の6時から始めて、気がついたら昼の12時になってました
さすがに今日、疲れが出てます(^^;
真剣師 小池重明 ゛新宿の殺し屋〝と呼ばれた将棋ギャンブラーの生涯
団鬼六著 イースト・プレス刊 1995年初版 より、
巻末に載っている小池氏の自戦記を書き出してみました 

小池重明氏の棋譜の中でも特に有名な、1982年の森けい二棋聖との三番勝負第三局です
(将棋ジャーナル平成三年四月号に掲載)

冒頭の文章は本文中の団氏のものです
棋譜のコメントはすべて小池氏のものです
ただし、終盤の「詰めろ」の変化は分岐として私がまとめました
分岐中の私の文は(カッコ)の中に書きました

なお、幻冬舎から出ているこの本の文庫版には、残念なことにこの自戦記が割愛されていますね

(前文略)
途中で腹が減ったので飯を喰おうとしたが飯代がなかった。
煙草を買うにも煙草代がなかった。
ましてその服装たるや、素足にサンダルばきである。

ただ、今回は一番手直り、角落ちで勝てば次に香落ち、香落ちに勝てば次に平手、
一局勝ち進むごとに一万円、二万円、四万円とジャーナルから出る賞金は倍増しになっていく。
逆に負ければ飛車落ち、飛香落ちとなって五千円、そしてゼロになるという、いわば真剣師好みの賞金制になっていた。
勝てば金が入って飯も喰える───こういう状況下におかれると飢えた狼は本性が剥き出しになる。

───空腹を我慢して将棋会館に入ると、当日の立ち会い人であったジャーナルの編集長、
湯川博士さんが素足ではまずいと思ったのか、素早く靴下を買ってきてくれました。
おんぶにダッコだと甘えて煙草も買ってほしいとねだりました───


ファイル名:小池重明vs森けい二.kif
開始日時:1982.6.11
持ち時間:各60分 切れたら1分
表題:プロアマ指込三番勝負第三局
場所:将棋会館
先手:小池重明アマ名人(下手)
後手:森けい二棋聖(上手)

▲7六歩
*「指し込み三番勝負でスタートは角落ち。
*飛車落ちは勘弁してもらいたい、これが対局前の正直な思いだった。
△3四歩 ▲6六歩
*初戦の角落は大逆転勝ち、これで流れが変わり香落ちは快勝。
△8四歩 ▲7八銀
*そんな流れの中で迎えた平手番「勝ち負けにこだわらず一生懸命指そう」そんな私と、「まさか平手まで指し込まれるとは・・・・・・平手はどんなことがあっても絶対負けられない・・・・・・」
*この気分の差は大きい。
△6二銀 ▲6八飛 △4二玉 ▲4八玉 △3二玉 ▲3八玉
△5四歩 ▲2八玉
*序盤ということもあり棋聖も私も早指しである。
△5三銀 ▲6七銀 △3三角 ▲3八銀
*時間を使うことは気合負けにつながる。そんな雰囲気の序盤戦であった。
△2二玉 ▲9六歩 △1二香 ▲5六銀
*私の▲5六銀は棋聖の△4四歩を強要したもので、ここ△4四銀は▲4六歩△5五歩に▲4五銀のブツケがあり上手忙しい将棋となる。△4四歩と突けば必然的に△4三金の形となり、3一、3二と金が二枚の形より堅さで劣る。これが▲5六銀の狙いである。
△4四歩 ▲5八金左 △1一玉 ▲4六歩 △5二金右 ▲3六歩
△2二銀 ▲1六歩 △3一金 ▲1五歩
*穴熊でアマ名人になった私だが、穴熊退治も大好きである。自分で多用しているだけに長所短所がよくわかっているからだ。
△7四歩 ▲3七桂 △4三金 ▲2六歩 △8五歩 ▲7七角
△7二飛
*上手△7二飛と角頭に狙いをつけてきた。ここで▲6七銀と受けるのは気合い負けだと思い、銀冠を目指した。
▲2七銀 △7五歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲3八金
*どこかで▲1四歩~▲1三歩~▲2五桂の端攻めが狙いである。
△5一角 ▲4七金左 △9四歩 ▲6七銀 △7二飛 ▲7八飛
△6四銀
*7筋は焦土作戦でよいと思ったのだが、△6四銀をみて弱気な虫が目を覚ました。
▲7六歩
*▲7六歩とあやまった私を見て「あやまってくれるの・・・・・・それならね」とほほえんだ。
△7三角 ▲5六歩 △8二飛 ▲5八飛 △5三銀 ▲6五歩
△6二飛
*局面は中盤の入り口である。上手から△6四歩が見えているだけにゆっくりしていられない。
▲5五歩  △同 角
*▲5五歩は、△同歩なら▲6六銀と手順に捌くつもりだったが、それをはずす△同角だった。
▲同 角 △同 歩 ▲6四歩
*▲6四歩が自慢の一手で、△同歩には▲5五飛~▲8五飛で調子がよい。
△同 銀
*△同銀で▲5五飛がなくなったが、銀が守備か遠ざかる分だけ得だと思った。
▲2五桂
*▲2五桂の単騎跳ねが勝負手だ。
△8二飛
*△8二飛で△2四歩なら▲1三桂成△同銀に、▲6六銀と指すつもりだった。▲1四歩、桂を手にしての▲2三桂が狙いである。
*直線的な攻め▲1四歩は景気よくみえるが、△同銀▲同香△同香▲2三銀△1二香で局面がわかりやすく下手必敗の局面だろう。
*上手がどこかで△2二銀と引いたら、そこで▲1四歩と突く・・・・・・これがコツである。
▲6一角
*▲6一角は一局を賭けた勝負手。
△3二金 ▲6六銀 △6七角 ▲5九飛 △5六歩
*▲6六銀は遊び駒の活用で当然の指し手だが、△6七角から△5六歩が上手らしい指し回しだ。
▲7七桂 △8六歩 ▲同 歩
*△8六歩に▲同歩は普通論外の手だが、端を攻めるための一歩が欲しかった。
*▲8六同歩で▲6五銀も目につくが△8七歩成でダメだと思った。
△同 飛 ▲1四歩 △同 歩 ▲1三歩 △同 香 ▲同桂成
△同 桂 ▲1四香 △1二歩 ▲1九飛 △7六角成 ▲1八香
△2一桂 ▲1三香成
*▲1三香成では▲5六金と歩を補充するべきだった。
△同 歩 ▲1二歩 △同 玉 ▲2五桂 △1四香 ▲同 香
△同 歩 ▲1八香 △1三香 ▲同桂成 △同 銀 ▲1七香打
△2二玉
*△1四香、△2二玉と上手らしい軽い受けで、下手の重い攻めは空を切ったと思った。
▲1四香 △2四銀 ▲5六金
*▲5六金は辛いが、△6六馬とされては勝負どころがなくなる。
△1七歩 ▲同 香 △8八飛成 ▲6五歩 △5五歩 ▲1二香成
△3三玉 ▲6四歩
*▲6四歩と銀を入手して、前途にわずかな光がみえた。
△5六歩
*▲6三歩成が「詰めろ」、この形を目指したい、攻めが途切れたとき、それは負けを意味する。
▲2二銀
*▲2二銀、こう行くしかない。
△同 金 ▲同成香 △同 玉 ▲1二香成 △3三玉
*攻めている下手が華々しくみえるが、ちょっと足りないようだ。
▲6五桂
*▲6五桂では銀としたいが、詰めろではないので、△3七香でだめだろう。
△4二金打 ▲4三角成 △同 玉
*やむをえない▲4三角成に、△同玉が上手のミス。△同金としておけばなんてことなかった。
*楽観、そうとしか思えない。
▲6三歩成
*待望の▲6三歩成が実現した。
△4一桂 ▲5四歩
*そして▲5四歩でマワシをつかんだかにみえたが・・・・・・。
△5一香 ▲5三金 △同 香 ▲同歩成 △同 金 ▲同桂成
△同 桂
*秒読みになり、△3七銀~△4五桂打の詰めろが瞬時に見えた。
*(仮に次の手を▲6四金として、△3七銀以下の詰み手順を分岐しておきます)
▲5八歩
*▲5八歩。観戦記者の今福栄氏は「念力の歩打ち」と書いたが、受けるにはこれしかない。
△同 龍
*私の▲5八歩をみて、「フフ、やっぱりね」森棋聖の顔がユルンだ。そして指された手は、△5八同竜。これが敗着であった。
*正解は△6六馬で、これが詰めろになっている。
*下手▲6四金の詰めろぐらいだが、△3七銀▲同金△5八竜で手順が長いが詰みである。
*(△6六馬ならどうだったのか、△6六馬以下の変化を一手前に分岐しています)
▲4八金打
*▲4八金打。
*これで「勝った」そう思った。
△1八歩
*危ない筋がなくなったので寄せに専念すればよい。
▲5五香
*▲5五香が急所で、△1九歩成には▲5三香成~▲4三金で馬を取り、▲5八金と竜を取り勝ちだ。
△5四桂 ▲同 香 △同 玉 ▲6四金 △4三玉 ▲5三と
△3三玉 ▲5四金 △同 馬 ▲同 と △6七龍 ▲1八飛
△4一香 ▲2五桂 △3二玉 ▲2一成香 △1六歩 ▲同 飛
△1五歩 ▲3三角 △2一玉 ▲2四角成 △1六歩 ▲1三桂打
△3一玉 ▲4三桂
*形作りのつもりだった▲5八歩が波乱をおこした。
*序盤から苦しい闘いをしいられ終盤になってもずっと上手がリードしていた。
*負けを観念し▲5八歩と打った。
*それが逆転の引き金になるとは、勝負とは皮肉なものである。
*この将棋を生涯忘れることはないだろう。
*(投了図以下、△同香▲4二銀△2二玉▲3三桂成△1一玉▲1二歩以下詰み)
まで165手で先手の勝ち

変化:136手
△6六馬
*(これが詰めろになっている)
▲6四金 △3七銀 ▲同 金 △5八龍
*(3八に打つ合駒は何を打っても同じようなもので、△3九銀▲同飛△同馬▲同玉△1七角以下簡単に詰み)
▲4八香
*(この中合いが一番長い変化)
△3九銀
*(銀捨て、玉が逃げるのは簡単に詰み)
▲同 飛
*(▲同飛が一番長い変化)
△4八龍 ▲3八金打
*(▲3八金と引くのは△3七金以下の詰み)
△3九龍
*(▲1七玉は△1六香▲同銀△1八金以下の詰み)
▲同 金 △同 馬 ▲同 玉 △4八金 ▲同 玉 △5七角
▲4七玉 △4八飛 ▲5六玉 △5五香
*(中合いのため渡した香がある、もし仮に▲4八銀の中合いだったならここで△6七銀がある)
▲同 玉 △4五金 ▲同 歩 △同飛成
*(これで詰み、△6六馬としていれば上手の勝ちだった)

変化:135手
▲6四金
*(仮に詰めろをかけるとどうなるか)
△3七銀 ▲同 玉 △4五桂打 ▲同 歩 △同 桂
*(▲4六玉は、△3五角以下の詰み)
*(▲2八玉も、△3七金以下の詰み)
▲4六玉 △3五角 ▲同 歩 △同 銀 ▲5五玉 △5四金
▲同 金 △同 馬 ▲5六玉 △5八龍 ▲5七歩 △4六金
*(これで詰み)

変化:141手
▲2八玉 △3七金
*(▲1八玉は△2七金▲同玉△3八竜以下詰み)
▲1七玉 △1六歩
*(▲同銀は△2八角以下詰み)
▲同 玉 △1五歩 ▲1七玉 △2八角 ▲1八玉 △2七金
▲同 玉 △3八龍 ▲同 玉 △3七角成 ▲2九玉 △2八金
*(これで詰み)
♪ハァ テレビもねえ、ラジオもねえ、車もそれほど走ってねえ、
と言う歌が昔あったが、今、自分はテレビの無い生活だ
今日が木曜だから、テレビが配達されてくる日曜まで、あと金、土と丸二日はテレビが無い

テレビといっても、自分が見るのはスカパーの囲碁将棋チャンネルと、NHK杯と、
ハチワンダイバーだけなのだけれど、それでも一日3時間はテレビを見ていると思う
それで、ブログに銀河戦などの感想を書くのに30分くらい使う
それプラス、テレビゲームもスーファミの「トルネコの不思議のダンジョン」を、
一日一時間くらいしていたと思う
その時間が一切無くなってしまった

今日はスーパー玉出に2回行き、ブックオフにも行き、
図書館にも行って本も読んだ(小学生向けの児童書(^^;)

でもテレビが無いと、やっぱりメインの将棋観戦ができない・・・
テレビが無いと、パソコンの電源をすぐONして、何かないかなーと、
ネットサーフィンばかりだらだらやってしまう
詰将棋を解くとか、24で実戦でも指せばいいのだけど、なぜかその気に全然ならない

テレビが壊れてから、もう自分はテレビの部屋にほぼ寄り付かなくなってしまった
もっぱら母が占領して、寝転んで大の字になって本を読んでいる
1階のテレビの部屋と、2階の自分の部屋を、階段で往復するのは大事な運動だったのに、
テレビが無いと、自分の部屋に引きこもってしまうのだった

結論「テレビは引きこもりを解消するのに必要」
こんなのを見つけました めずらしい(^^) ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=OCSiY7NlKa8&feature=related
48巻P7より
あさり「おねえちゃーん、今からいうもので、どれがいちばんムカつく?」
タタミ「あさりの顔。」
あさり「まだなんもいってない・・・。」
タタミ「あさりの声。」
タタミ「あさりの存在。」

ここは笑った 

52巻P82より
(「悲しい思い出」という題で、作文を書くという宿題が出された
悲しい思い出が何も思いつかず、困るあさり しかし、ひとつ思いついた)
あさり「あ、あるじゃないか あさちゃんにも悲しいこと。
    お友だちとの引き裂かれた友情が・・・!」
(以下、あさりの作文の内容)
ママ「あの子と遊んじゃいけませんっ!」
パパ「あの子と遊ぶと、バカになるぞっ!」
あの子はいなくなってしまった。パパとママとで相談して、どこかへ連れ去ってしまったんだ。
あさちゃんには泣くことしかできなかった・・・。
(次の日、担任の先生に、ママが学校に呼び出される)
深刻な顔の先生「あさり君の作文です。これは事実ですか?
  いったいどういうお子さんだったんです、友だちの、その素晴歩合美子・・・ってのは?」
顔に縦線が入ったママ「ですから・・・スパファミコ。スーパーファミコンですわ。」
呆然とした先生(・・・くっそー、浜野め。)
顔が赤くなったママ(親に恥をかかせて~。)

ここもとても気に入っている
というわけで、私はいまだにあさりちゃんを読んでいるんです
YOU TUBEで投稿されていて、削除されていたアニメあさりちゃんの歌ですが、
誰かがまた再投稿してますね(^^;
http://jp.youtube.com/watch?v=3sS1xXH0crc
気に入っている音楽の動画、3本を載せます

まずは、PoliceというバンドのEvery Breath You Takeという曲
邦題は「見つめていたい」という名前です
兄のオススメで、私もとても気に入りました
チェロか何かの大型の楽器がめずらしいですね
白黒の画面がイイ感じです ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=OTWXERQF-WQ

次は、Paul McCartneyのHope of Deliveranceという曲です
邦題は「明日への誓い」という名前です
10年くらい前、このビデオクリップを偶然見て、また見たいとずっと気に
なっていたのですが、昨日見つけました(^^)
この「森の木陰でドンジャラホイ」という雰囲気がたまらなく好きです
こんなパーティーにぜひ参加してみたいです ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=ck-h0oG2msA

最後は、やっぱりこれ、荒川静香で決まり!
You Raise Me Up という曲です これが演技と抜群にハマッてます
イナバウアーはやっぱりすごいです ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=GrtlV-pUDFw&feature=related
原曲の歌詞が訳付きで出ていました ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=SHzojCDLWw8&feature=related