第17期 銀河戦
本戦Hブロック 最終戦
森内俊之九段 vs 野月浩貴七段
対局日:2009年5月14日
解説:丸山忠久九段
聞き手:斎田晴子女流四段
記録:渡辺弥生女流2級

20年度の成績は、森内26勝21敗 野月13勝13敗 2人の対戦成績は森内の2-0

解説の丸山「森内は重厚、それでいて瞬発力もある将棋
 野月は鋭い攻め将棋、大技、爆発力のある攻めが得意」

先手森内で、▲四間飛車藤井システムvs△居飛穴になった
丸山「野月の攻めを警戒し、防御力の高い四間飛車を選んだのかも」

2筋の歩を突き合い、先手が取り込んでいる間に後手は穴熊に潜るという作戦
普通はその後、後手は△2三歩と打って、キズを消して固めておくところだが、
野月は「消極的なのでやらなかった」とのこと

そこから攻め合いになる 森内は銀損ながら、飛車先を突破して竜を作った
野月も反撃、△2七歩の垂れ歩で攻め、丸山「うまい垂れ歩、先手には激痛の歩」

丸山「森内のほうに味のいい手がないんですね どう勝負するかなんですけど・・・」
森内、ピンチかと思われたが、端に桂を打ってから竜で香を補充、
丸山「この森内の勝負手はさすが、野月がどうやってもギリギリ」

野月は飛車取りを逃げずに△2二歩と受け、まだ長い戦いのかな~、と
思った瞬間、森内の大技が出た 角を切ってから、▲3三銀!焦点の銀打ちだ
局後、野月「▲3三銀は全く見えていなかった」
丸山「あっという間に受けなしになりました、一気の寄せですね」
森内の大技が炸裂、森内の快勝になった
手数81手、時間は番組開始から1時間6分で投了となった

一局の総括で丸山「難しい局面が多かったが、森内のうまい手作り、鋭い寄せが決まった」

感想戦を見ていて思ったんだけど、変化が多く、複雑すぎて全然わからない(^^;
本譜も、一手一手難しかった
藤井システムって、こんなに難しい戦法だったっけ うへ~

森内は、野月に対して過去2局とも四間飛車で勝っているそうだ
今回もそうだったので、3局とも四間で3連勝、ということになる 森内は作戦家なんだね