第17期 銀河戦
決勝トーナメント 1回戦 第7局
丸山忠久九段 vs 山崎隆之七段
対局日: 2009年6月26日
解説:加藤一二三九段
聞き手:中村桃子女流1級
記録:渡辺弥生女流2級

先週の土曜に放送された一局
丸山はBブロック最終勝ち残り者、山崎はDブロック最多勝ち抜き者
20年度の成績は、丸山19勝21敗 山崎26勝18敗 2人の対戦成績は山崎の3-2

解説のヒフミン「丸山は堅実な棋風 名人2期の実績をもつ どうすれば勝つかよりも、どうすれば
 負けないかを考える 山崎は攻めの棋風 先手番が得意」

先手丸山で、後手山崎の一手損角換わり
▲早繰り銀vs△腰掛け銀だ
序盤から一手一手難しく、水面下での戦いが続く
ヒフミン「一手損は手将棋という感じ、体系化しにくい 
 矢倉は変化はべらぼうに多いが、体系化できる」とのこと

ヒフミンはずーっとしゃべっているが、符号だけ言うので、ついていくのがなかなか大変だ
山崎が少考を重ねるのに対し、丸山はすごい早指しで、どんどん指していく 

山崎が5四の銀を、△6三銀と引いた手が山崎らしい柔軟な発想の手だった
5四に角を打とうというのだ しかし、いざ丸山に打ってこい、と放置されてみると、
後手は居玉なので反動が厳しく、打てない うへー、高度な応酬だ(^^;

千日手模様になったが、丸山が打開した
山崎がもう残りの考慮時間が0回に対し、丸山はまだ6回ほど残していたから、
丸山はもったいないと思ったのだろう これが結果的に好判断だった

山崎は秒をギリギリ9まで読まれて5筋の歩を突き、△5四角と打ったが、
この角打ちが、局後ヒフミンにいわく、手順前後だったとのこと
先に8筋の歩成を利かせておけば、とのことだった
あ~、言われてみればそのとおりだ けど、対局中はそんなこと全然気がつかなかったよ

形勢は難しく、ヒフミン「さーて、うわー、ていう将棋です」

だが、寄せ合いになったときの山崎の△3五金が決定的な敗着ということだった
銀河クラブの遠山によれば、△4四歩で催促が正解とのこと
△3五金はヒフミンも推奨の手だったのだが、たしかに、指摘されてみると、この金は
本譜の進行では全く意味をなさなかった
あ~、言われてみればそのとおりだ けど、対局中はそんなこと全然気がつかなかったよ

丸山の端の角打ちで王手がめっぽう厳しく、ヒフミン「角打ちがあるのかー、ひゃー」
後は、丸山に的確に寄せられてしまった
山崎、残念!惜敗だった
終局直後、山崎の大きく頭をかきむしった姿が悔しさをよく表していて、印象的だった

ヒフミン「本局は第一手から目の離せない緊迫した手の連続で、大熱戦だった」
本当にそのとおり、手将棋で角換わりらしい、妥協を許さない手の応酬で、面白い一戦だった