モリノブ「羽生は△6二金で自陣の整備、手渡しですね
山崎をミスのしやすい局面に誘導しました 真綿で首をしめる路線です」

角が全く働いていない山崎、どうみても苦しそうだ
しかし、ここで山崎に勝負手が出た 守りの銀を上がって、後手の角を攻める▲5六銀だ
おお、これはいい手かも!
モリノブ「▲5六銀は羽生の意表を突いたですね」
さっそくモリノブ先生の検討が始まり、これは難しいか?と思われた
羽生のほうに決め手が見つからない

しかし! いざ棋譜が入ってきてみると、2筋の歩成を利かせてから山崎の飛車取りを狙う銀上がり、
これで羽生は狙われた角をいつでも切れる状態になり、山崎はしびれた
モリノブ「この歩成は絶妙のタイミング」
あっさり決め手を見つけた羽生、モリノブ先生がさんざん検討したのは何だったんだ(^^;

この将棋、ここまでずっと「読み」ではなく、「構想力」で勝負がつく将棋だ、と思って見ていた
そして、羽生の構想力が、山崎を見事に上回ったと思う
モリノブ先生、羽生陣の7、8筋の金銀の動かし方に感心しきりだった

山崎は角が全く使えず、
モリノブ「負けたときに『角落ちで負けた』と、言い訳はできますね(笑)」
これにはお客も笑っていた

だが、まだまだ投げずに粘る山崎、
私「まだ山崎さんに勝つチャンスはありますか?」
モリノブ「まだあると思います! 羽生さんが寄せそこなってくれたら」
お客「(笑)」
それって、ほぼ絶望ってことですよね(笑)

羽生が▲1九飛と考えにくいところに打った手にもみんな感心し、
モリノブ「羽生が盤面全体を見て戦っているのがすごく印象的です」

モリノブ「負け将棋の終盤は、受けは致命傷の順だけ読んで、あとは受けは考えないのがいいです
一番自分につごうのええ順だけ考えといたら、10局に1局は勝てます」

山崎、はっきり負けになったが、最後まで粘った 
見苦しい粘り方ではなく、見ていて、山崎の気迫が伝わってきた粘り方だった

モリノブ「80手くらいで終わってるような将棋だったんですけどね、今116手ですか、130手まで伸ばせば、勝ったも同然です」
先生、さすがにそれはどうかと(笑) でも、山崎、本当に粘りましたよね
結局、最後は羽生は一気に寄せる順は逃したが、いったん受けに回って羽生の勝ちになった

モリノブ「こんなにがんばったら、次、期待できると思います (相撲で言うと)まわしに手はかかりましたかね」で、解説会終了となった

山崎の粘りも目立ったけど、王座戦の羽生の強さはもうどうしようもないわこりゃ、
と言える内容だったと思う (終わり)