PM6時、脇さん登場、解説会開始、お客は20人くらい(^^;

脇「今日は山崎さんにとって非常に大事な一局です 第1局は、山崎は終盤で体(たい)を入れ替えるのが得意ですけど、羽生には通用しなかった」

先手羽生で、一手損角換わりだ ▲棒銀vs△腰掛け銀
序盤の技術的な解説があり、山崎が早くも勝負に出た
羽生の飛車先に歩を叩いたのだ
これで後手に馬ができ、先手の飛車を捕獲できた

脇「みなさんなら、後手をもってホクホクとなるところでしょう(笑)」
そうだよね~、いくら歩切れでも、飛車が取れたら気分はいいよね(^^;

脇「この2人が対戦したら、力戦になりますね 他人がやった将棋をなぞるようなのはイヤなんですね
羽生は力戦を楽しむタイプ、山崎は他人の棋譜をあまり並べない、『え、そんな手あるんですか』っていうタイプ」

脇「山崎は敗勢から2~3手進むと、勝ちになってる、そういう将棋です」

山崎が△2五桂と跳ねた局面、
脇「形勢は難しいというか、僕がわかっていないだけかもしれないけど、羽生側に苦労が多いです」
おお、これは、山崎、いけるか?

少し進み、
脇「形勢は山崎がいけそうですけど、ワナは多い」
うんうん、ここを乗り切って勝ってくれ!

脇「△2九飛と打ち込みました、1番普通の手、これで良ければ山崎勝ち」
よっしゃ!いけるでー!となった直後、

脇「ここで▲3五歩?!(今打った飛車で)銀がタダ取りになっているこのタイミングで? この▲3五歩の逆襲はうっかりしました 銀を先に撮って、山崎が悪くないはずですけど・・・」

脇「▲1六角と出られてみると、後手をもって自信がない 結構大変ですねこれね これちょっと▲3五歩は気づかない手でしたね
さっきまでは山崎側をもって自信満々だったんですけど、僕の解説も景気が悪くなってきたんですが・・・(^^;」

脇「羽生が攻めさせるだけ攻めさせて、ちょいと切り替えした」

そして局面進み、山崎が△6五桂という勝負手を放ち、羽生が銀を逃げてくれた
脇「はいはいはい、これは効きましたよ、これはかなりのもんじゃないでしょうか」
山崎ファンのお客は喜んでいたのだが・・・
どうしても、山崎に勝ち筋がみつからない 先手の2四の角が攻防の絶好の位置なのだ
後手は居玉で粘りがきかない

脇「山崎のほうは1分将棋です 羽生はまだ40分残してます 時間の差が形勢の差に現れてる感じです」
ああ~、なんで~?山崎、何か悪い手をやったか?山崎有利って言ってたやん・・・

脇「▲7一角、普通の手です この手は羽生のグリグリが出たかもしれません 最近は手がブルブル震えるようですけど(笑) 僕の予想手がビシビシ当たるようでは、もうアカンわけです」

で、山崎、悔しかったのだろう、形作りをせずに投了となった

脇「山崎がうまくやった気がしましたけどね ▲3五歩から流れが変わりましたね 羽生はどの辺から予定だったんでしょうねえ 山崎にしてみたら、キツネにつままれたような負け方、羽生は強い勝ち方でした」

脇「内容的には競り合っていると思いますが・・・ 王位戦のような3連敗3連勝ということもあるし、盛り上げていってほしいですね ちょっと残念やったなあ」

ああ~、な、なんでこうなるんだ なんで王座戦の羽生はいっつも勝つんだよ
もうこれで王座戦15連勝だ どうなってんの
しかも、勝ち方が強い勝ち方なんだよね 相手の思惑を上回って勝っている

この一局、ポイントは▲3五歩にあるようだ
今ネット中継を見ると、山崎は飛車で銀を取ったが、
いったん△2五銀と逃げておくのが有力だったようだ
△2五銀ならどうなのか、自分はずっと気になっていたのだ やっぱり有力だったのか
うーん、でも脇さんも、「先に銀を取って悪いわけがないと思うのが第一感」と言っていたし・・・
羽生の勝負術にしてやられたorz  (終わり)