福崎「2人のどっちを応援してるとかはないんですけどね」
実は自分もそうなんですよね(^^;

局面、いきなり角交換の力戦になっている
飛車をぶつけてきた手に対し、交換して後手が△8九飛と打つのは▲8八角とフタをされ、
福崎「飛車がサバの缶詰みたいになりますけどね~」
このギャグはけっこう受けてましたね

福崎「受けが大好きの木村、攻めが強烈な深浦、棋風はこうですね」

福崎「さて、後手は角をどこに打ったでしょう!」
出ました、福崎さん得意の「次はどうやったでしょう」だ(^^; 
福崎先生、これでこれまで何度も解説会の難所を凌いできてますもんね(笑)
子供「△8四角!」
福崎「あ~、それは打った角が狙われるね」
お客「△4四角!」
福崎「あ、それはある手かも でも本譜は違います △5五角と打ったんですね」

いきなり角を叩き切り、強引に銀で飛車を取りに行くという後手の手だ
福崎「プロではあまり見ない筋ですね もう大決戦になってますから、早く終わりますよ今日は
非常にエキサイトしてます 40手過ぎで、もう終盤です」

福崎「後はボクだったら、カンで勝負ですけどね」

福崎「▲4六角と打って、桂を取って▲2四桂の狙いですね ここから『私は私、あなたはあなた』
2人とも自分の指したい手をどんどん指していきますよ」

福崎「▲6六歩、これはヘタしたら入玉ですね いったん手を戻して△6一金、これは渋い!
対して▲6七玉、渋い!△4二玉、渋い! お互い簡単には負けない、ということです」

福崎「▲7二歩に対して、堂々と取りました、△同銀!こういうところが木村さんらしい、タフさを感じますね 
持ち駒をいっぱい持っている先手が勝てそうな気がしますけど・・・・ 決めに来ました、▲2四桂!」

福崎「かなり理屈っぽい解説で申し訳ないんですけど、お互い玉が薄いですからね」
そうなんですよね、もう局面がせっぱつまってて、
だいたいこんなもんでいいか、みたいな手じゃいけないですもんね

71手目が次の一手で休憩になった ヒントが「角をどこかに打つ手」ということだったので、
自分は▲9六角にした (その3に続く)