第18期 銀河戦
本戦Bブロック 1回戦
大島映二七段 vs 木下浩一六段
対局日: 2009年9月1日
解説:依田有司六段
聞き手:村田智穂女流初段
記録:渡辺弥生女流2級

オープニングはやはり派手、飛、角、金、銀、桂、香、歩の駒が稲妻でスパークしていて、
ドラゴンボールのボールが7つ全部集まったときみたい(^^;
で、一転して、映し出された対局者と解説者が3人ともすごい地味(笑)

20年度の成績は、木下5勝19敗 大島5勝11敗 2人の対戦成績は木下の4-1

解説の依田「木下は早見え早指し、何でも指す軽快な将棋
 大島は矢倉と得意とする居飛車党の本格派」

先手木下で、▲三間飛車+高美濃vs△居飛車穴熊になった
そこから木下は4筋位取りの4枚美濃、大島もビッグ4を目指す

その途中、大島が飛車先から仕掛け、戦いになった
木下は8筋を無視して5筋に飛車を振ってさばこうとする展開

さばき合った結果、飛車角交換で大島が飛車を持ったが、
依田「木下としては右桂が5三に成れたので不満なし」
局後、大島「(角が交換になるのでチャンスと見て仕掛けたが)さそいの隙とは思わなかった、
 本譜は最悪でしたね」とコメント
実際、木下は指しなれた手つきでほとんど時間を使わずポンポン指していく

大島が飛車を下段に下ろし、と金を作った
が、木下の▲5五角が絶好の位置だ
大島が2枚目の歩を5筋に垂らしたところでは、先手の対応が手広く難しいと思われた
が、木下はじっと歩を取る▲同金!ここでは5五の角で飛車がタダで取れたのだ
しかし▲同金が好手、木下、実に冷静だった
飛車をタダで取るより、と金を作らせないほうが大事なんだなあ
いやー指されてみれば当然だけど、さすがの指し回しだ

木下の5五の角の位置が良すぎるので、大島は苦し紛れに飛車を引き成って、
飛車角交換に甘んじたが、これでもう大島は主張ポイントがなくなってしまった

まだ完全にくっついていなかった金2枚を、取られた飛車で狙われ、
自陣に残ってしまっていた飛車の頭に痛打の歩の叩きも喰らい、
最後は豪快に詰めろ飛車取りを喰らって、大島投了! 
わずか87手での終局となった 考慮時間も6回も余しての木下の勝ち 木下の圧勝だった
ここまで差がついた投了図はプロどうしではなかなかないね(^^;

金が離れた穴熊って、こんなに弱いのか 大島は予選でシーザーに勝ったとのことだったが、
この一局はもう切られ役以外の何者でもなかった(^^;
先日のNHK杯の鈴木大介vs宮田が、振り飛車が居飛穴を押しつぶした一局なら、
この一局は振り飛車が鮮やかにさばいて勝った一局だった
木下、振り飛車党の職人芸を見せたね、お見事!パチパチパチ
まさにさばく振り飛車のお手本の棋譜だね

地味なメンツだったんで、ほとんど期待していなかったけど、これは面白かった一局だった