<第66話>
(馬島の助言の件で、先生達が協議することになった)
先生達「とにかくやめろと」 「そうそれは言うべきですよね」
 「処罰はどうしますか?」 「普通なら受けたほうが負けだけど これは・・・」 「うーん」

みんな「何あれ?」 「助言があったんだってさ」
 「助言は受けたら 負けだろ?」 「それがさ・・・」

馬島「なんだっ なんだあ アハハハ! ナマの将棋ってな 簡単だな
 相手に手を教えりゃ 楽勝じゃん! なぁ?」 
飛鳥田「静かにしてよ・・・ 馬島くん」

馬島君、言っていることの意味がよくわかりませんが、まだ笑っているということは、
問題発言した自覚がないのは確かですね・・・

先生A「ちょっと静かに 対局中は不必要な発言をしたら 以降 内容に関わらず
 失格にします 今回は大目に見ますが 特に西風の選手」
角野「お前だよ」
馬島「え? そうなの?」
先生B「まったく・・・ 制服着て来いってのを 守れもしないくせに・・・」
(カチンときた馬島、背中を向けた先生Bに中指を立てる)
馬島「フン」
飛鳥田「ま・・・ 馬島くん」
(天を仰ぐ飛鳥田)
飛鳥田“ああああ~っ 満を持して 出場したハズなのに なんだって こんなことに・・・”

携帯ゲーム機でカンニングしていた馬島君をメンバーに入れた時点で、
こういう危険が伴うということはわかっていたはずですが・・・

内村「またもめたか まったくもめ事に関しちゃ 天才的だな ウマは」
番「一コ上 呼び捨て・・・(^^;」
鳥山香「再開するみたい 先輩たち うまく切り替えられるかな」
内村「そうそう 何事も切り替えが 大切」
成田「ハッキリ 言うね」
内村「そりゃもう 今や私と言えば 県代表選手ですから」
番「じゃあ 私たちも 指そうか 内村さん 相手お願い」
内村「えー? 私と番さんスか!?」
(涙目になる内村)
内村「ムリです ムリムリ ムリムリ ムリムリ」
成田「泣くな 県代表」 

飛鳥田“だめだ・・・ 集中できない・・・ せっかく注意だけで おさめてもらったのに・・・
 相手の気持ち 考えると・・・”
(形勢を悪くし、頭を下げた飛鳥田)
飛鳥田「負けました」
(続いて馬島)
馬島「負けッス」

1回戦の結果
角野○ 飛鳥田× 馬島×

角野「オイオイ なんだよこれ」
飛鳥田「ごめん」
馬島「仕方ねぇよ あんなんまで助言って 思わねぇもん」
角野「飛鳥田 おまえ 周囲のことに 気を配りすぎ」
飛鳥田「はい」
角野「おまえ もォ チームプレイとか 考えるな!!」
(唖然とした飛鳥田)
飛鳥田「待ってよ こういうときは 『今チームがひとつになった』とか 盛り上げるんでは?」
角野「知るか!! そんなもん 他のマンガで楽しめ」

角野君には、自分自身がマンガの登場人物であるという自覚がある発言が時々見受けられます(笑)

角野「ああ ただし 負けるときは なるべく遅く負けろよ
 先に負けられると 他の2人が気分が悪い」
飛鳥田「ま・・・負ける前提スか?」
角野「ウマ なんか企ててんな? 出せよ 西風名人の名は ダテじゃねぇんだろ?」
馬島「あら 気がついてた?」
飛鳥田“え・・・ 気がつかなかった・・・”

1回戦を負け、早くも後がなくなった西風、ここから挽回できるんでしょうか? (つづく)