第18期 銀河戦
本戦Dブロック 1回戦
石田和雄九段 vs 伊藤真吾四段
対局日: 2009年9月15日
解説:佐藤義則八段
聞き手:井道千尋女流初段
記録:伊藤明日香女流初段

20年度の成績は、伊藤真吾14勝10敗 石田8勝10敗 2人は初手合い
新鋭の27歳vsベテランの62歳だ

解説の佐藤義則「伊藤真吾は振り飛車党の力将棋、石田は本格的な居飛車党
 
先手伊藤真吾で▲角道止めずの中飛車+美濃vs△居飛車の舟囲い

伊藤が5筋の歩を交換した瞬間、石田が8筋を突き捨て、いきなり戦いになった
石田は飛車交換を強要され、見ていて「あれ?もうこれ、居飛車が悪いんじゃないの?
石田さんも、もう年か」と思ったら、石田は8九のと金を引く△8八と!

と金は角でタダ取りされるのだが、これが好手だった
と金は取られたものの、飛車を打つことができ、勝負形になった
自分は△9九とで、香車を取る手しか見えていなかった
局後、石田「(と金引きは)ちょっと工夫した」 これはさすがだったね

その後、金銀バラバラになった伊藤は2八の玉を▲3八玉と寄ったが、
これがどうも敗着になったようだ 石田に飛車打ちから飛車を切られ、伊藤は玉を下段に落とされた
あとは石田の寄せ方講座を見るばかりとなった

この一局の総括で佐藤義則「石田九段、かなり気分よくしているんじゃないですかね
 自分でもよくやったと思ってるんじゃないですか それが画面から伝わってきた」

感想戦で石田は「年齢を隠して棋譜を見せると、えらい若い人の棋譜でしょ えへへへ」とコメント
うん、この将棋は石田の文句なしの快勝譜だったね 
勝ち方に勢いがあった 2度の飛車切りはお見事だった

伊藤真吾の将棋を見るのは、この将棋が初めてだったが、どうも指し手から活気が見られなかった
まあ石田がうまく指したから仕方ないというところか
だけど、なんだかこのまま埋もれていきそうな雰囲気の四段という感じはした(^^;

余談だが、この将棋を見ている最中、ウトウトして眠たくなって寝てしまった
そのとき母に「あんた、テレビ、見ていないんやったら、消すで!」と言われたのだが、
私は「いや、見てる」と寝ながら答えてしまった
ああ~、こんなやりとりをするのは、おっさんっぽくなってしまった証拠だ
ぐあ、まだトシは取りたくないよ~(^^;