第18期 銀河戦
本戦Fブロック 1回戦
神吉宏充六段 vs 栗生直樹アマ
対局日: 2009年8月28日
解説:佐藤和俊五段
聞き手:山口恵梨子女流1級
記録:井道千尋女流初段

栗生直樹(くりゅうなおき)アマはアマ王将戦準優勝、近畿大学法学部だそうだ
振り飛車党でアマプロ戦ははじめてとのこと

対するは、全身薄いピンク姿の神吉さん 振り飛車党で軽いさばきが持ち味、早指しが得意
20年度の成績は4-11

先手栗生アマで、戦型は相振りだ 
栗生さんがいきなり銀交換にもっていき、棒銀を成功させたのかと思いきや、
神吉さんは持ち駒になった銀で、先手の飛車角の攻め駒を攻めるB面攻撃だ
感想戦で神吉「もらったと思った」とのことだった
しかし、ここからの栗生さんの飛車角をうまく使ったサーカスのような凌ぎは見事だった
互角以上のワカレにもっていった

どこがポイントかわかりにくい将棋となったが、神吉さんに馬を作られ、粘っこく指され、
栗生さん、角と小駒3枚の3枚替えの駒損になってしまった
以下、両者力を出し、相入玉含みの長手数の熱戦となったが、神吉がプロの貫禄を見せた

番組の最後、画面が消えるときに神吉さん、あやまるような仕草をしていた
「長引いた将棋を見せてしまって、すんまへん」という意味と思う
でも、これはこれで自分としては面白かったけどね
相振りをずーっと見ていなくて、相振りに飢えていたしね
両者の途切れない集中力と、遊び駒を作らなくした指し方、見事だったと思う

神吉さんには銀河戦で暴れてほしいものだ