第18期 銀河戦
本戦Cブロック 2回戦
田中悠一四段 vs 熊坂 学四段
対局日: 2009年9月18日
解説:植山悦行七段
聞き手:中村真梨花女流二段
記録:野田澤彩乃女流1級

20年度の成績は、クマー7勝9敗 田中16勝15敗 2人は初手合い

解説の植山「クマーはvs有森戦では冷静な指し回しだった、
 スポーツが得意で場を盛り上げるムードメーカー
 田中は奨励会員のときは目立たなかった、軽快な振り飛車党」

先手クマーで、▲7六歩△3四歩▲6八玉と進む これ、相手が振り飛車党用の指し方だ
自分が後手だったら、ありがたくてしかたないけど(^^;
オールラウンダーなら、絶対居飛車で来るだろう しかし、田中は誘いに乗らず、中飛車に振った 
うーん、結果的にはこれがもうどうだったのか 

クマーは2筋を保留したまま、袖飛車作戦だ
そして、金無双に似た、独特の囲いに玉を収めた これがなかなか優秀だったのだから面白い
急戦の居飛車の囲いって、あまり工夫の余地がないけど、今後、このクマーのやった囲いが
メジャーになるのかどうか、興味深いところだ

クマーは飛車を一つ横に寄ってわざと田中の金を玉と反対側に上がらせた
この辺、すごく機敏だった 後は桂をポンと跳ねだし、快調な攻めだ

聞き手の中村マリカ「(攻めが)軽いですかね?」とさかんに聞いていたが、
自分は、攻めは軽いかもしれんが、マリカは軽くないだろう、と思って見ていた
マリカちゃん、顔も体も丸っこくて、雪だるまみたいだね
肩幅が植山より広(以下自主規制)

クマーが快調に攻めつづけ、植山「クマさんペース」とギャグを言うほどだ
堅い、攻めてる、駒得、という3拍子そろっていて、さあ、後は収束をみるばかり、と
なったのだが、ここからクマーの本領が発揮される

クマー、決めきれずにモタモタしてしまい、田中に形勢を挽回されてしまった
一時はどうなることかと思うくらいに差が詰まったのだが、田中もチャンスを逃したようで、
最後はどうにかこうにか勝ち切った うーん、あの大差がついていてなんでこうなるかな
100手くらいで勝ちそうなものだったが、169手もかかってしまった

植山「熊坂四段がリードをフラフラしながら守った一局」
クマーのいいところと悪いところが存分に出た内容だった
一方、田中のほうはいまいち印象が薄かった やっぱり、3手目の挑発に対して居飛車で
迎え撃てないようではプロでは厳しいのかもしれない

クマーの序盤戦術が面白かった一局だった
クマー、一回戦では陽動振り飛車、本局は3手目▲6八玉から飛車先保留の袖飛車、
次の稲葉戦ではどういう戦術で行くのか、楽しみだ

それと、マリカちゃんがしゃべるのがいっぱい聞けてよかった
これからも丸っこい顔と体で棋界をにぎわせてほしい