第18期 銀河戦
本戦Dブロック 2回戦
藤原直哉六段 vs 石田和雄九段
対局日: 2009年9月15日
解説:佐藤義則八段
聞き手:井道千尋女流初段
記録:伊藤明日香女流初段

20年度の成績は、石田8勝10敗 藤原8勝18敗 2人は初手合い

解説の佐藤義則「石田は若いときから居飛車一辺倒、筋のいい将棋
 藤原もやはり石田と同じく居飛車の本格的な将棋」

先手石田で、序盤、石田が5筋の位を取り、中飛車かと思われたが、やはり居飛車だった
結果、5筋位取りの相居飛車持久戦に進む

慎重に時間を使って駒組みしていた藤原がやや作戦勝ちか、と思われたときだった、
石田が金を相手の角に当てて前に出る勝負手を放った
これがなんと▲7六金~▲8五金~▲9四金と端まで出ていく気合いの踏み込み!
しかもまだ1度も考慮時間を使っていない  

形勢はともかく、この金の進出が藤原の虚をつき、石田がペースをつかんだ
何か藤原のほうから手をつくる方法があったのかもしれないが、
早指しということもあり、その後局面、石田優勢になった

そして果敢に攻め合いにもち込んだ石田、もう雰囲気は完全に石田ペース、
あとはどう寄せを決めるかという段階になったのだが、そこで出た、石田、角を取られる手を
うっかりするという大ポカ!痛恨の一手バッタリ!

ああ~、今まで慎重にミスをしないように指していたのに、これは残念!
直前の攻めの▲3一金などは、見えにくい好手だったと思うが、やはりトシには勝てないか
石田「ポカしちゃった 何やってんだ~ ひどいな~」と、まだ終局してないのにぼやく石田の
姿があった 

この一局、対局者と解説者が3人とも初老のおっちゃん、うわあ、地味だな~、と思っていたけど、
まずまず楽しめた
なかなか態度を決めない石田に対する藤原の慎重な駒組みはさすがと思ったし、
石田の金の3回の突進は見ごたえがあった、その後の細かい攻防もなかなかだった
藤原にもミスはあったけどね

ただ、終盤、解説の佐藤義則が、ほとんど何もしゃべらなくなってしまったのが残念
中盤まではしっかり解説していただけに、惜しかった
あと、石田は対局中、やたら動いていたのが気になった 扇子もパチパチ鳴らしっぱなし(^^;

まあでも、相居飛車の力戦を楽しめた一局だった