第18期 銀河戦
本戦Gブロック 2回戦
澤田真吾四段 vs 清水市代女流二冠
対局日: 2009年9月30日
解説:大野八一雄七段
聞き手:山田久美女流三段
記録:野田澤彩乃女流1級

20年度の成績は、澤田7勝4敗 清水26勝13敗 2人は初手合い
解説の大野「澤田は17歳の新四段、棋譜を見ると最新の中飛車を指していた
 清水は説明不要の女流の第一人者、最近絶好調」

先手澤田で、始まってみると、初手▲2六歩から横歩取りになった
澤田は居飛車党のようだ 大野「すいません、澤田の相手が中飛車党だったようです、
棋譜を読み間違えていたようです(^^;」 って、おーい(笑)
 
清水は△8四飛型+中住まい、澤田も中住まいだ
清水の何がおかしかったのか、よくわからないうちに模様を悪くし、後手は手損になっている
△3一歩というどうにも苦しい底歩を打たされ、秒に追われて桂をタダで取られ、
最後は必至をかけられて負け

清水の完敗だった 一方の澤田は、17歳とは思えない沈着冷静な指し回しだった
優勢になってから、清水の勝負手をかわし、何もさせなかった印象だ
ああー、清水、完敗、残念!
清水は対男子プロを160戦もやっているそうだ
しかし、三段リーグを抜けてきた17歳には全く歯がたたなかった
いかに三段リーグのレベルが高いか、ということだろう

この一局は、横歩取りの空中戦だったので、空中戦を苦手にしている自分は全く手が見えず、
あらためて苦手意識が高まった次第・・・

清水のいいところをもう少し見たかった、残念だ