藤井 猛九段vs丸山忠久九段  NHK杯 3回戦
解説 木村一基

前局の近藤戦では、そのファンタジスタっぷりを如何なく発揮した藤井の登場だ
名人経験者の丸山を相手に、どんな将棋を見せてくれるか

解説の木村「藤井システムが一大戦法になったが、最近藤井は居飛車を指すようになった
 居飛車を指すときも積極的で磨きがかかった
 丸山は柔軟、相手に合わせていくのがうまい、腰の重い将棋、読みの量が多い」

先手藤井で、相矢倉の脇システムのような形に進む
木村「先に攻めるために効率的な形を目指す藤井」
積極的に攻めていった藤井、銀が銀バサミの形になりそうだが、大丈夫なのか

ここから藤井は細かい技を織り交ぜ、実に巧妙な攻めをみせる
木村「うまいタイミングで2筋を突き捨てたと思います」
そして桂、香も全部さばけた 自陣はまだ手付かずだ
木村「少し藤井が面白くなってるんじゃないか」

丸山が角2枚を手放したところで、双方考慮時間を使いきり、秒読みだ
丸山、時間を9まで読まれ、危ない、必死の防戦なのがわかる
木村「気がついたら藤井が駒得に」
木村「しかしうまい指しまわしですね」
うーん、本当に藤井は見事な指しまわし、見ていて感心する
だけど、丸山もまだ中段玉なので粘れるのでは、と思っていたら、△8六桂の勝負手が来た!
さすがに急所に手がいくね さあ秒読みだがどうなるか

飛車を敵陣の8筋に下ろした藤井 おお~、さすがに盤面が広く見えてるなあ
木村「ひょ~」あれ、木村が叫んでる? こんなのはめずらしいぞ
矢内「攻防?」 木村「攻防ですけど△8二香がありますね」
ええ?△8二香の見落とし?ま、まさか? 藤井、目をそらして考え込んでる?!
こ、これは・・・大ポカでは・・・ 藤井、動きがせわしない・・・
そして、藤井、投了!!
だ~~!!なんだこれは、香車で飛車が一発トン死!!
ここまでやるかっていうくらいの大ポカ、一手バッタリ!!ファンタジスタ藤井、今回も本領発揮!!

投了後、藤井「馬が利いてたのか」「うーん、まあこんなもんかな」「大爆笑だな、しかし」
「オチがひどい」「必勝なのはわかっているんだけど」
感想戦が終わり、画面が消えるとき、ガックリと肩を2回落とす藤井の姿が映った(^^;
藤井、鮮やかすぎる道化師っぷり、もうここまでくると一流の芸だね(笑)

でも、今回も序、中盤、いい将棋を見させてもらった 間違いなくこの一局の主役は藤井だった
「終盤のファンタジスタ藤井」のニックネームが、深く脳に刻み込まれた藤井の前局と本局だった
いやいや面白いね(^^;

<今週のやっぴー>
黒か紺系の、パリっとした服、バスガイドかスチュワーデスのような格好だった
矢内にはこういうフォーマルなのが似合うね 服装A
アテンションプリーズ度 ★★★★