『旧型PC+激指4vs新型PC+ボナンザ、10番勝負』

PCのスペックは昨日書いたとおり、激指4のほうは5年前に買ったノート、
ボナンザ(一番新しいバージョン)のほうは先月買ったデスクトップです
5年前のPCと激指4が、最新のPCとボナンザの組み合わせにどれだけ迫れるかが見ものです

持ち時間は無制限です
消費時間はそれほど長くはかからなかったです
お互いにリズムよくポンポン指してました
激指4が一局平均4~5分ほど、ボナが一局平均3分ほどといったところでした
第5局までは観戦記をつけてみました
第6局以降は体力切れで結果だけです(^^;

<第1局>先手激指4 後手ボナンザ
相矢倉模様の力戦に進む ボナの端攻めから戦端が開かれた
ボナは戦いの最中に菊水矢倉に囲う
お互いに馬を作りあい、その馬で飛車を攻めあう展開
長い中盤の末、ついに122手目、ボナが香得になった
じっくりと金を作りにいくボナ、人間だったら友達をなくす手だ
ボナはさらに持ち駒の銀を自陣に投入し、底歩も打って、自陣は鉄壁だ
なにしろ、金銀5枚に馬付き、底歩付きだ(^^;
2枚目のと金も作り、180手でボナの勝ちとなった
激指4の0勝─ボナの1勝

<第2局>先手ボナンザ 後手激指4
▲ボナの三間飛車vs△激指4の急戦ナナメ棒銀
序盤、無条件で飛車先の歩をかすめ取られたボナ、しかし全く動じなかった
激指4が角を上下運動させて手損を重ねるのに対し、ボナは着々と銀冠の好形に組み上げた
その後、ボナは5筋で歩の交換をして、歩の損得など関係なくしてしまった
有利になってから、ボナは遊び駒だった8九の桂をじっと7七に跳ねた!
ついには6五まで跳ねる天使の跳躍を決めた
さらに遊び駒の銀を取らせる間に攻め続けた この2つの手筋を成功させた大局観はすごいと思った
トドメに十字飛車を華麗に決め、ボナの圧勝となった 141手でボナの勝ち 
激指4の0勝─ボナの2勝

<第3局>先手激指4 後手ボナ
居飛車の激指4に対し、ボナは舟囲いに囲ってしまった(^^;
いきなり飛車先の歩を交換されるが、結局相居飛車の角交換の力戦になった
激指4が金銀4枚で固めたのに対し、ボナは端攻めだ
これは理にかなっている 激指4がボナの桂の頭を攻めたが、ボナは激指4の玉頭を攻めてくる
ここでなんと、激指4、玉頭に歩の叩かれた手を手抜き!
これは大丈夫なのか、と思っていたら、大丈夫じゃなかった(笑)
8筋を突破され、早々に玉の早逃げをする激指4
まだ終局までは長いのかな、と思っていたら、
ボナは敵陣の空間に金打ちで相手玉を縛る手を指してきた
人間なら、この金は取られそうなので実に打ちにくいと思った
結果、この金で見事に挟撃を成功させて、ボナの完勝となった 108手でボナの勝ち
激指4の0勝─ボナの3勝

<第4局>先手ボナ 後手激指4
ここまでの3戦、正直に言って、旧PCの激指4はボナの相手になってない
負けるにしても、なんとか一手違いに持ち込みたいところだ
相掛かり▲2六飛の中住まいに進む
ボナは3筋の歩を突き捨てて▲3七銀~▲4六銀と出る中原流だ
激指4が7筋に飛車をふらっと寄った手にだまされたのか何なのか、
ボナは▲9六角という意味のわからない自陣角を打ってしまう
この角が狙われ、なんと△9四歩~△9五歩で角が死んでしまった!
ボナ、はじめて迎えるピンチ!
角が死んでいる一瞬に、2筋から猛攻を仕掛けるボナ、受ける激指4
この折衝のドサクサに紛れている間に、あろうことか角が生還してしまった(笑)
やはり激指4、ダメなのか、と思われた直後、角が生還してほっとしたわけでもないだろうが、ボナ、
なんと今度は攻めの銀がトン死するという悪手を指してしまう またしてもボナ、ピンチ!
今度のピンチはボナの評価でマイナス1500点と大きい
この銀損は痛く、攻め駒不足に陥ってしまったボナ、その後も着実に激指4に指されて、
飛車を捕獲され、局面大差となった 中押しでボナ、ギブアップ! 
112手で激指4の勝ち 激指4、貴重な一勝を返した!
ボナの悪手が原因とはいえ、旧PCの激指4が勝つこともあるんだなあ
激指4の1勝─ボナの3勝

<第5局>先手激指4 後手ボナ
この調子で連勝したい激指4、選んだ作戦は四間飛車 
対してボナは居飛車で天守閣美濃から銀も引き付けて金銀4枚で囲う形
中盤、飛車側の折衝で、桂がうまく戦いに参加させたボナ、
△8七歩の叩きに▲9八飛とさせられた激指4、
うわこれはキツイ もはや両者の実力からして、この時点で勝負あった・・・
ボナに角の利きで美濃の玉のコビンを狙われ、よくある美濃崩しの桂跳ねの王手を食らって、
自陣は崩壊!あとはボナにボロボロと駒を取られていくだけとなった 
132手でボナの勝ち ああ~、激指4、無念のボロ負け! 
激指4の1勝─ボナの4勝 

<第6局> 110手で後手ボナの勝ち 注:ここ、前局から先後入れ替えるのを忘れた(^^;
激指4の1勝─ボナの5勝

<第7局>119手で先手ボナの勝ち
激指4の1勝─ボナの6勝

<第8局>125手で先手激指4の勝ち
激指4の2勝─ボナの6勝

<第9局>109手で先手ボナの勝ち 
激指4の2勝─ボナの7勝

<第10局>99手で先手激指4の勝ち
激指4の3勝─ボナの7勝

結果は旧型PC+激指4の3勝、新型PC+ボナンザの7勝でした
5年前のPCとソフト、そこそこ健闘したと思います
10局すべて違う戦型で戦ってました(これがけっこうすごいことと思いましたね)
体力がもっとあれば、10局とも観戦記を書けたのですが・・・(笑)

さあ、激指9の実力は如何に? 激指9が来たら、また何か企画をやろうと思ってます
でもこの作業、精神的に疲れるんだよね(^^;