第18期 銀河戦
本戦Hブロック 3回戦
伊奈祐介六段 vs 大野八一雄七段
対局日: 2009年10月27日
解説:高田尚平六段
聞き手:井道千尋女流初段
記録:渡辺弥生女流2級

土曜に放送された銀河戦

20年度の成績は、大野9勝9敗 伊奈21勝15敗 2人の対戦成績は伊奈の4-2

解説の高田「大野は攻守にバランスのとれた居飛車党 
 伊奈は筋のいい居飛車党で攻め将棋」

先手大野で相居飛車の持久戦になる 大野は銀矢倉、伊奈は菊水矢倉だ

さて、この一局、見ていてなんか眠い 異様に眠い 
原因はすぐに判明した 解説の高田さんの声が、ものすごくおだやかで優しいのだ
これが自分の眠気を猛烈に誘った 1回目は気がつかないうちに寝てた 
もう1回がんばって見ようとしたのだが、それもまた寝てしまった
恐るべし、高田さんの声!
いろんな解説者を見てきたが、高田さん、聞いていて眠たくなる声ナンバーワンだわ

しょうがないので、3回目、終盤の寄せのところだけ見た
伊奈が駒得の優勢から、気づきにくい桂成りの決め手をさし、圧勝していた

高田「伊奈の積極的な構想が実った 伊奈の快勝譜、大野は力が出せなかった」とのこと

銀河戦のページで棋譜を見直しても、伊奈の会心の指し回しと思った
いやそれにしても、高田さんの声には、どうにもこうにも・・・(^^;
後日あともう1回、高田さんが解説の一局があるだろう それもまた寝てしまいそうだ