第18期 銀河戦
本戦Aブロック 4回戦
横山泰明五段 vs 櫛田陽一六段
対局日: 2009年10月16日
解説:西尾 明五段
聞き手:早水千紗女流二段
記録:伊藤明日香女流初段

明日の早朝から帰省するため、ひさしぶりに生放送をみることになった
オープニングを今一度じっくり見てみたが、宇宙空間で駒がスパークしているこの演出、
以前も思ったけど、ドラゴンボールZを真似たとしか思えない(笑)

20年度の成績は、横山21勝15敗 クッシー10勝11敗 2人の対戦成績はクッシーの2-1

解説の西尾「横山は最近の振り飛車党、先手番なら三間飛車石田流か中飛車、
 後手番ならゴキゲン中飛車 近頃は勝率7割を越えていて好調
 対してクッシーは昔ながらの振り飛車党、横山とはだいぶ性質が違う 相振りはあまりしない」

3連勝しているクッシーが4連勝なるか、という一局だ
この2人、将棋の性質がだいぶ違うということだが、髪の毛もだいぶ違う
横山は「散髪屋に2ヶ月以上行ってない」というくらい髪の毛が多いが、
クッシーは「今朝、ツルツルに剃りあげてきました」というくらい見事な坊主頭だ

さて、自分はこの一局が今年最後の将棋観戦だ・・・と思いながら見ていたら、
お互いが何の躊躇(ちゅうちょ)もなく香車が上がった
あちゃー、相穴だ だめだわこれは あっという間に観戦終了だ 10分持たず(^^; 

母にテレビ画面を見せて、「これが相穴熊やで」と説明すると、
母いわく「お互いが引きこもってて、どうやって戦うん?」
これには爆笑した

結果はクッシー勝ちとのこと