2日に放送された分

第18期 銀河戦
本戦Dブロック 4回戦
佐藤紳哉六段 vs 中村亮介五段
対局日: 2009年10月14日
解説:北島忠雄六段
聞き手:安食総子女流初段
記録:伊藤明日香女流初段

20年度の成績は、亮介18勝16敗 伸哉22勝11敗 2人の対戦成績は1-1のイーブン

解説の北島「亮介は四間飛車を得意とする、作戦家で筋が良い
 伸哉はアイデアが豊かで才能ある将棋、竜王戦は2組の実力者」

先手亮介で、3手目に▲7五歩と突き、急戦石田流になった
北島「亮介が石田流を指すのはめずらしい」とやや驚いていたのだが、
さらにそこから▲7四歩と、早い仕掛け!
北島は思わず「おお、行った」と声を出していた
こんな言葉使い、北島さんはめったにしないのにね(笑)

亮介は、さらに▲7五飛と浮いたではないか! おお、これは久保流早石田、
久保が升田幸三賞を取った一手ではないか! やったあこれが見れるのか 
さあ、ここから飛車を▲4五飛とぶん回して大乱戦と思ったら・・・
亮介は飛車を下に下げてしまった ドタッ 
ここ、局後の感想で伸哉は「▲4五飛と来るものとばっかり思ってた」
そうだよね、誰しもそう思うよね(笑)
後手が△7二金としたのを見て、飛車を7九まで下げてしまう、こんな指し方もあるのか

北島「居飛車側のほうが一手一手に苦労する将棋」
その苦労と、亮介の左金の動きに惑わされたのが重なって、注意不足になったのか、
伸哉は作った馬をいきなり消されて、手損だけが残ってしまった
局後の感想で伸哉「馬を消されたのはひどかった」

手得した亮介が、さらに左金を4段目に上がった手が、押さえ込みを見た好手! 
伸哉に「金上がりは力強かったねえ」と言わしめた一手だった
この一手は亮介の力を見せた

どう決めるかまだ難しいかと思われたのだが、亮介は飛車を見切る特攻で、
一気に勝負をかけ、鮮やかに後手玉を仕留めた  
いや~、これはお見事! 緩みない寄せだった 最短の手順だったね 

北島「亮介の金の使い方が良かった、最後はギリギリの寄せを決めた」

この一局、▲7五飛と浮く久保新手の可能性が広いことを見せてくれた
▲4五飛と回らなくても指せるんだね これからももっとこの久保流が指されると面白い

亮介の飛車を下段に引く手と、左金の動きが独特だった
振り飛車党で、こういう独自の構想を立てて、それがうまくいくと、かなり痛快だろうなあ、と
居飛車しか指せない自分は思った 
最短の寄せも見れて、ひさしぶりにスカッとした一局だった