第18期 銀河戦
本戦Fブロック 4回戦
金井恒太四段 vs 神吉宏充六段
対局日: 2009年9月24日
解説:佐藤紳哉六段
聞き手:山口恵梨子女流1級
記録:伊藤明日香女流初段

20年度の成績は、神吉4勝11敗 金井20勝18敗 2人は初手合い

3連勝している神吉の登場だ 今回はなんと全身オレンジのスーツに身を包んでいる 眼鏡もオレンジだ
聞き手の山口「靴下もオレンジ色のを、わざわざタクシーで買いに行っていた」とのこと

解説の伸哉「神吉は勢いのある、どんどんさばいてくる振り飛車党
 金井は研究熱心でまじめな棋風」

先手神吉で、▲三間飛車+美濃vs△居飛車穴熊になった 神吉さん、またこの戦型だ(^^;
神吉は、独走銀の▲4五銀と、幽霊角の▲9五角との組み合わせで攻めることになった
伸哉「神吉がつんのめっている感じ、後手をもちたい」

しかし、神吉が▲7七桂と活用したところから、評価が変わった
伸哉「神吉の駒に勢いを感じる のびのびしてきた、先手を持ちたい」

神吉は体重を乗せて、ビシビシ指してくる
伸哉「神吉さんにあの体重でビシッと指されると、圧力を感じますよ」
時間に追われた金井、飛車が取られそうになり、大ピンチになってしまった
神吉は優勢になってからは、落ち着いた差し回しを見せ、金井を一蹴してしまった

結果、神吉の快勝!
金井「すごいキレイにさばかれちゃった △9四歩の居飛車の税金を払わなかったら、おとがめがきた」
神吉「ちょっと、今回、わし強いで? 服がピンク、黄、紫、オレンジと、服の色が続く限り勝つでえ」

この三間vs居飛穴の形は、神吉に言わせれば「もう何百局も指しているからだいたいわかる」とのこと

本当に今期の銀河戦の神吉さんは強い 前回、大逆転で勝った勢いがまだそのまま残っている感じだ
4連勝で決勝トーナメントはほぼ決定だろう 決勝トーナメントでの戦いぶりが楽しみだ

聞き手の山口恵梨子女流だが、今回も面白い発言があった
伸哉が「勝負はまだまだこれからですよ 野球で言うと、1~2点、入った程度です」と言ったとき、
山口「まだ3回の裏くらいですか」と、けっこう野球を知っているっぽい的確な発言があった(笑)
感想戦でも、神吉が「これでこっちのペースや」と言っているときに、
山口「解説ではそこは金井さんのペースだと言ってました」と言って、みんなの笑いを誘っていた
山口女流、いいねえ これからもどんどん発言してほしい