久保利明棋王vs渡辺 明竜王   NHK杯 3回戦
解説 井上慶太

今回はタイトルホルダー同士の対戦、楽しみな一戦だ
解説の井上「久保さんは昨年タイトルを取ってから好調を続けている、
 渡辺竜王も森内を相手に4タテで防衛して好調」

先手久保で中飛車、それに対し、渡辺は三間飛車! 意表の相振りになった
もう定跡にない形、井上「完全な力戦形ですね」

ここで2人の今までの対戦成績が出た 渡辺の2勝、久保の8勝か
井上「渡辺は久保と深浦を苦手にしている」とのこと

井上「渡辺は攻撃力がすごく、中でも歩の使い方が絶品」と評価
井上「渡辺のほうから攻めて行く将棋、久保は『どこからでもいらっしゃい』、と待っている」
解説のとおり、渡辺が2筋から歩を切っていき、攻める展開になった

雑談になり、井上さんがしみじみと「棋士も長くなってりゃいいってもんでもなくてね、
強くなる人はあっという間に強くなりますねえ」 これは実感がこもっていた(^^;

さあ、盤面、中盤になっている 渡辺の攻めが続くかどうか、微妙という展開
井上「攻めがつながると、もう久保としてはどうしようもなくなる、
 渡辺の攻めが切れたというのは見たことがないんでねー」

井上「久保の玉の早逃げは柔らかい手ですけど、どうなんでしょうか」
とりあえず、端に歩を垂らし、いったんは渡辺の攻めの手は続いた
井上「渡辺さんの手の作り方はうまいですねえ」と感心してみている
さあ、ここから渡辺が銀、桂、香と持って、さらに攻めが続くかどうかだ

渡辺の手が動いた △8七香? この香はなんだ、桂取りか 
井上「△8七香、初めて見る手ですねえ あんまり大したことないような」
久保が当然のように桂を9筋に跳ねてかわした、そのときだった
△6九銀! ぐお なんだこれは こんなとこに銀をねじこんできた 全然自分の読み筋になかった手だ
さっきの香はこの銀を打つ狙い? さっきの香の真の狙いはこっちか
こういうのは、打たれたときにはすでにダメなことが多いがどうか

複雑に駒が絡み合っているが、これは・・・渡辺の攻めが決まってる・・・ 全てを防ぐ手がない・・・!
井上「この読み筋は・・・指せんな!」
渡辺、△8七香から△6九銀は、絶妙の組み合わせ手順!

駒の交換が行われ、久保玉は、一気に寄り筋に入った
井上「あらまあ・・・ これは切れなくなりましたね」 
あっちゃー、もう久保陣はガタガタだ

入玉阻止の寄せの講座を見ているかのように、後の渡辺の手は的確だった
そして井上さんの解説、わかりやすいわ 
井上さんは凡人だから、凡人の読み筋を披露してくれるね(^^;

きっちり寄せていき、渡辺の会心譜となった 渡辺、見事な勝利! 
△8七香から△6九銀の組み合わせ、魅せたね
ズバッと鮮やかに一閃、あれでこの将棋は決まりだった
やっぱ、渡辺はスゲェ・・・ なんかスケールがでかいわ・・・

渡辺の「久保は振り飛車が強いかもしれんが、オレは将棋が強いんじゃ」と
言わんばかりの勝ちっぷりだった
うーん、これは強い勝ち方、誰があそこで△8七香と△6九銀の組み合わせを見つけられるかなあ 
他の人では、羽生くらいじゃないかな

渡辺が最後のベスト8進出者、この将棋を見せられたら、当然、優勝候補だね
来週の渡辺vs深浦も楽しみだ

<今週のやっぴー>
黒のスーツ、緑のタートルネック 今週もいつもどおり可愛いかった 服装A
渡辺の竜王連覇も長いが、矢内のタートルネックの連続記録も長い度 ★★★★