おととい放送された銀河戦 

第18期 銀河戦
本戦Gブロック 5回戦
糸谷哲郎五段 vs 佐藤天彦五段
対局日: 2009年12月2日
解説:戸辺 誠五段
聞き手:長沢千和子女流四段
記録:伊藤明日香女流初段

20年度の成績は、天彦33勝14敗、糸谷31勝11敗 2人は初手合い
期待の若手どうしの好カードだ 2人とも20年度の勝率が7割を超えている

解説の戸辺「天彦は研究熱心で中終盤は粘り強いのでバランスが取れている
 糸谷は腕力将棋、独自の右玉などを開発し有名」

この一局、放送時間を大幅にオーバーする大熱戦になった
結論から書くと、相入玉の点数勝負になり、糸谷の勝ち 手数は238手だった
自分は入玉する将棋が苦手だが、退屈することは全くなかった

先手天彦で、後手糸谷の一手損角換わり ▲棒銀vs△腰掛け銀という戦型だった

見所はいっぱいあった 特に糸谷のほうに才能がなければ指せない手が何度も出てきた
棒銀の銀に働きかける玉頭の歩突き、
先手陣を弱体化させる角のタダの成り捨て、
桂打ちで先手が玉側を受けたところで桂を逆側に跳ねる手筋、
馬2枚と金の3枚取りの飛車打ちを作った、と金のタダ捨て、
盤面を制圧する盤上中央の金打ちなどなど

そして、何回も出てきたのが、点数が5点ある大駒をいかに取りに行くか、という手筋
戸辺「今日は大駒がよく詰まされる日ですね」
ちなみに数えたら、天彦は2回、糸谷は3回、大駒を詰ませていた

最後は糸谷が自陣に3枚の桂を打ちつけ、竜を捕獲するという手筋を見せてくれた
入玉模様で桂を使うのは難しいんだけど、ホントにうまく使ったわ 
これが秒読みで即見えるのは、才能という他にないと思う

天彦は負けたが、これだけ戦えばもう納得だろう この負けは仕方ないね
投了図は、成駒が合計14枚出来ているという壮絶な戦いだった
天彦22歳、糸谷21歳、才気あふれるこの2人、まだ伸びていくんだろうね

ところで、自分は持将棋の正式なルールを知らなかった(^^;
連盟のページからコピペしておきました

>プロの公式戦では、たがいに入玉し、詰ませる見込みがなくなり、
>これ以上駒が取れなくなった時点で駒を数えます。
>玉を除いた駒(盤上・持ち駒とも)のうち、飛車と角を5点、その他の駒を1点とし、
>両者とも24点以上あれば引き分けに再試合となります。24点に満たなければ負けとなります。