第18期 銀河戦
本戦Aブロック 6回戦
北島忠雄六段 vs 豊島将之五段
対局日: 2009年11月20日
解説:大島映二七段
聞き手:本田小百合女流二段
記録:野田澤彩乃女流1級

楽しみな好カードだ 豊島は今、期待度ナンバー1の若手
北島は銀河戦を得意としている影の実力者だ

20年度の成績は、豊島29勝11敗 北島12勝16敗 2人は初手合い

解説の大島「豊島は寄せが鋭い、手がよく見える 
 北島は丁寧な将棋、前期銀河戦では羽生を破りベスト4の実績で、
 羽生に勝ったときは鬼のような形相だった
 両者とも居飛車メインだが振ることもある」

先手豊島で居飛車、後手北島のゴキゲン中飛車になった
豊島は丸山ワクチンから、康光流の9筋を突いて、美濃にする順だ
大島「ゴキゲン中飛車に対して一番多く指されている順」

豊島は超スピードで序盤を飛ばしていく 
▲7七銀型から▲5六角の筋違い角は予定の作戦だったとのこと
単純な2筋突破が受けにくく、北島はどんどん時間を使うハメになった

見ていて、自分のレベルではこの受けが見つからず、何これ、もう終了か?と思った
局後、北島も「すぐ終了して30分~40分感想戦をやることになるのかと思った」
北島さん、正直だね ここは笑えた(^^;

しかし、そこはさすがは北島、△6四角の自陣角を打って、局面を互角に保った
大島「腰の重い手ですね」 
ここで豊島が驚くべき構想を見せる なんと、1筋の歩を突いていく端攻め!
大島「遠大な構想ですね」 
うーむ、自分レベルでは、この端の受けがまたしても見つからない
自分なら後手なら、もう2回負けてるね(^^; 

ここで北島がその本領を見せた 先手の▲7七銀型をとがめる、7筋からの歩での攻め!
大島「そうか、筋がいいですね 本筋ですよ 先手の2筋の攻めよりはるかにキツイです」
うわあ、北島、つえー! 玉頭にと金を作られた豊島、大ピンチに!

大島「これは北島が良くなった、駒の効率が北島のほうが断然いい」
いやー、豊島の筋違い角、完全に不発だ もうこうなっては邪魔駒でしかない

ところが、北島、と金をあっさり清算してしまったのがどうだったのだろう
北島は桂を打って王手したけど、桂頭の玉寄せにくしで、
豊島玉はヌルヌルして妙に捕まらなくなってしまった・・・

感想戦で、北島「攻め方がわかんなくなっちゃった」
ああー、結果論だけど、序盤に時間を使いすぎたのがここにきて響いたね

豊島は玉の早逃げをしてから、遊んでいた飛車と自陣角をさばいて、素早く北島玉を寄せた
結果、豊島の逆転勝ち  あー、北島も力は見せたんだけどね もう一押しがなかったか
北島「もっと粘るべきでした、根性が足りなかった」

大島「途中は北島が優勢な局面があったが、豊島がよく辛抱した」
しかし、感想戦では、北島良しの変化は出なかった なぜだろう(^^;

居飛車党の自分から見て、ゴキゲン中飛車に対して、この筋違い角戦法、
序盤のうちは、かなりいい戦法だ、と思って見ていたんだけど、
北島の見事な7筋からの反撃を見せつけられると、もうやる気がなくなった(笑)

北島、惜しかった 一局を通してだと、北島のほうがむしろ才能を見せていたと思う
ただ、序盤に時間を使いすぎてしまったね 
序盤が豊島の作戦の範囲だったことが豊島の勝因だったと感じた一局だった

豊島、次戦も実力者の小林裕士(通称デカコバ)とだ 
まだ豊島の才能はこんなものではないはず 天才っぷりをどんどん見せてほしい
豊島の将棋は何局でも見たいと思っている