三浦が感想戦で指摘した、△4四角以下の長手順の詰みを詳しく書いてみました
この順が即座に見える三浦、A級でトップを走るだけのことはありますね

後手の持駒:銀 桂 歩二 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ と ・v香|一
| ・ ・ 馬v銀v玉 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・ 金 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ 桂 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 玉 ・|六
| 歩 歩 桂 歩 歩 歩 ・ 歩 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・v龍 ・ ・|八
| 香 ・ 銀 ・ ・ ・vと ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 金二 銀 
後手番

*本譜はここで三浦は△3七角成として、先手玉は詰まなくなってしまったが、感想戦で三浦いわく、△4四角という妙手があった
△4四角
*これが妙手 
*▲同金は、△3五銀▲1六玉△2四桂▲1五玉▲1四歩までの詰み
*
*▲3五合駒は、△同角▲同金△1五銀▲同玉△2三桂▲2四玉△3五竜▲2三玉△1二金という順があって詰み
*(△2三桂のときに▲1六玉は、3五で取った合駒を1五に打って詰み 先手は合駒が高い駒しかないのだ)
▲1六玉
*だから玉を逃げる一手
*▲1五玉と逃げるのは△1四銀▲1六玉△2五銀▲同玉△2七竜▲1五玉△1四歩までの詰み
*
*▲1五玉△1四銀に▲2四玉は△2三歩▲同金△3五竜までの詰み
*
*▲1六玉で、後手が足りないかと思いきや・・・
△2四桂
*こんな手がある?!
*ここで▲1五玉は△1四銀▲2四玉△2三歩▲同金△3五竜までの詰み
▲同 金
*だから取る一手
△1五銀
*わざと金を2四に呼んでおいたのだ
▲同 玉 △1四歩
*後手が金を2四に呼んでおいたので、これに対し▲2四玉と逃げることができない!
▲同 金 △同 香
*これを▲同玉は、△3四竜▲1三玉△2二金まででピッタリの詰み
*△3四竜に▲2四合駒は、△2三金以下△2四金から△2五金まで下に追っていっての詰み
▲2四玉
*だからかわす一手
△3五龍
*ここで1回、この竜引きがある
▲1三玉
*▲1四玉としたらさっきやった変化と同じなので、逃げる一手
*△3三竜と引きたいが、それは桂馬が利いていてダメ
*一見、ここまでかと思いきや、次にも好手があった
△1二歩
*歩打ち!ここに歩が打てた
*これに対し、▲2三玉は△2五竜▲2四合駒△2二金までの詰み
▲同 玉
*だから取るしかない
△2二金 ▲1一玉 △3一龍
*まで、ピッタリの詰み!
*感想戦でこの順を三浦は指摘していたのだ
*いや~、実戦で見せてくれたらすごかったのだが、惜しかった・・・