馬島君はなぜ負けたのでしょうか? 浅利氏の罠とはいったい?
終盤戦を検証してみました

後手:浅利(トップアマ)
後手の持駒:歩二 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・ ・v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・v銀 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩 馬 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ 桂 歩 ・ ・ 歩 歩 歩|七
| ・vと ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
|v龍 ・v馬 銀 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:馬島
先手の持駒:桂 香二 歩二 
手数=40 ▽7九馬 まで

▲8四桂
*この桂打ちで、次の▲7二桂成が受けにくく、先手の勝ちに思えます 馬島君はこの一手で勝ちを確信します しかし、そこにこそ、先手に落とし穴があったのです
△4六歩
*(ここでは△4七歩も有力なようです それだと、まだ長い将棋になったようです が、△4七歩は明らかな詰めろなので、馬島君もそれなりの対応をしたことでしょう)
*この△4六歩に対して、実戦での▲7二桂成では先手玉が詰まされてしまいました 
*では、先手はどう指せば良かったのか? 受けるとすれば、①▲3八銀、②▲4八玉、③▲6八銀が考えられます
*しかし、①と②は、この終盤戦で盤上に後手の攻め駒が増えたことになるので、実戦では指しにくい手です
*③の▲6八銀を例に挙げて、その後を変化順で分岐してみます
▲7二桂成 △6九馬 ▲4八玉 △4七銀 ▲5七玉 △5八馬
▲6六玉 △5七馬 ▲5五玉 △5四金 ▲同 馬 △5六馬
▲4四玉 △3三銀 ▲5三玉 △5二金左

変化:3手
▲6八銀
*これで先手が勝ち筋でした しかし、この手はこの後の変化を読みきっていないと指せません
△同 馬
*後手は、こう取ってくる手があります
*(いったん△6九馬としてから銀を取る手もありますが、それは長くなりますが先手の勝ち筋です)
▲同 玉
*▲同玉の一手です
△4九龍
*この手が先手玉に対して詰めろで、▲7二桂成が間に合わず、一見して後手の勝ちかと思えます
▲6二角
*しかし! 先手は角を手持ちにしたので、この手が生じていました 
△同 玉 ▲7二桂成 △同 玉 ▲6一馬
*これで詰んでます この▲6二角という詰み筋が見えていないと、△4六歩に対して▲6八銀と受ける手は指せないのでした 
*馬島君は、▲8四桂と指した時点で、次の▲7二桂成が受けにくいため、勝ちを確信してしまい、逆にその攻め筋しか見えなくなったのです
*「▲7二桂成が受けにくいからこそ、先手は▲7二桂成と指してくるはず」それが浅利氏の仕掛けた罠だったのでしょう
*味わい深い終盤と思いました