第18期 銀河戦
本戦Fブロック 7回戦
長沼 洋七段 vs 勝又清和六段
対局日: 2010年2月16日
解説:佐藤秀司七段
聞き手:本田小百合女流二段
記録:井道千尋女流初段

21年度の成績は、長沼12勝10敗 勝又11勝11敗 2人の対戦成績は長沼の3-2

解説の佐藤秀司「長沼は基本は居飛車党だが振り飛車も指す
 私の見るところ、人柄の良さでは西の長沼、東の中村修
 勝又は居飛車党、研究熱心で、仲間内から教授と呼ばれている」

先手長沼で、5筋位取りの中飛車、勝又が居飛車の戦型
長沼が積極的に5筋を交換にいき、長沼の攻めが続くか、勝又が厚みで受け止めるかの展開になった

聞き手の本田「中飛車はわかりやすいですね」
秀司「わかりやすいです、王様を囲って飛車、角、銀で攻める
 これだけで勝てるならやめられないですね」
本局は、桂、香が全く活躍しない将棋になった

長沼が5筋の歩を5四まで伸ばし、調子がいいかと思いきや、なぜか攻めが切れ模様になってしまった
感想戦で、長沼「飛車を4筋に回すべきだった」とのこと
あ~、そうかあ 中飛車だからって、5筋ばっかり攻めることを考えていたらダメだったのか

長沼の攻めが切れてしまい、時間を使って考え込む長沼
秀司「長沼は飛車が押さえ込まれて、角、金、歩だけの攻めなんで、攻め駒が足りない」

勝又は急所に銀を打ち込んで、あとは勝又の寄せを見るばかりとなった
あ~、長沼さん、この対局は調子がでなかったなあ 攻めが単調すぎたか・・・
と思っていたときだった、なんと、勝又が金捨ての王手を放ってきた?!

な、何これ? これは形勢の悪いほうが指す勝負手じゃないの? 
普通に飛車を取っておいて、後手は自玉が詰まないので勝又の勝ちのはずなのに???
秀司「予想外の展開になりました 思わぬ終盤戦」

なんと、ここから玉の寄せ合いに・・・ ええ~??
寄せ合いになってからは、長沼は力を発揮し、最後は鮮やかな手順で後手玉を即詰みに討ち取った
結果、長沼の勝ち! あれ~、勝又の金捨てって何だったの???

感想戦では、勝又が金捨てをしたのが敗着、やはり勝又の勝ち将棋だったということだった
勝又「中盤を千日手でしのぐ筋ばかり考えていた
 終盤、急転直下で形勢が良くなって、パニックになった」
そうか、千日手の筋が何回かあったのか 
勝又は難しい手順ばかり考えてしまい、最後の簡単な自玉の詰むかどうかを読み落としたのか
(簡単とはいえ、手数はけっこう続くけど)
いつもどおり、勝又さんの将棋は人間くさいね(^^;

長沼も勝又も、本局の出来に、納得がいっていなかったようだ
でも、5筋を一点集中で強引に突破していくというアマチュアっぽい作戦で、そこそこ楽しめた
たまにはこういう単純な将棋もいいね

あと、勝又が2連勝でストップしたので、ややほっとした
このFブロックは、神吉の4連勝があるので、それを抜かれたら困るんでね(^^;