中座 真七段vs豊川孝弘七段   NHK杯  1回戦
解説 丸山忠久

中座と豊川、中堅同士の対決だ
中座は予選で、藤倉、中村修、宮田敦史に勝って出場、豊川は順位戦B1で出場ということだ
中座はC2だけど、竜王戦は3組なんだね

解説は丸山か あら、顔がスッキリしてる? 丸山、ちょっと痩せたのかもね
丸山いわく、「中座は後輩に慕われる優しい先輩  豊川はメリハリのある性格で、
 キッチリやるところはやり、ユーモアを出すところではダジャレをまじえて面白い」

事前のインタビューでは、
中座「豊川は非常に早見えで受けが強い印象、
 思いっきり攻めて、攻めがどのくらい通用するか見てほしい」
豊川「中座は人柄もよく、将棋もバランスが取れている印象
 NHK杯では、過去は反則負けや逆転負けをしていて良いイメージがない、
 今回でガツンとイメージを変えたい」
・・・豊川さん、二歩を指してしまい、ニフティとあだ名をつけられたことがありましたからね(^^;

先手中座で、相掛かりに進む 中座の引き飛車▲3六銀に対し、豊川は中座のお株を奪う、△8五飛だ
丸山「引き飛車の相掛かりでは最新の形」

序盤から積極的に仕掛けていったのは、豊川のほうだった いきなり7筋の歩を突いていった
これ、自分は▲7五同歩~△同飛と進んだら、後手がさばけ形だなあ、と思って見ていたら、
なんとそれには角交換から王手飛車があるのだった もういきなり自分なら負けてる(笑)
自分って、空中戦にまるで向いてないみたい(^^;

丸山「後手は戦型的にもう止まれない形になっている」とのことで、豊川はさらに9筋から攻めていった
攻めなきゃいけないのはわかっていても、攻めるのは駒損するので、やっぱり勇気がいるよね
が、この日の豊川は全くビビることがなかった印象だ 
飛車を自由自在に操り、うまく指し回しているように見える

それにしても、戦型が相掛かりなので手は狭いとはいえ、もうズバズバ手を当てていく丸山
もはや丸山の「次の一手を正解するショー」を見ている感があった この手の見え方はすごいね
解説も抜群にわかりやすい 矢内からのあらゆる質問に正確に答えていく丸山 さすがA級だね

難しい中盤が過ぎ、終盤戦だ これも難しい
矢内「先手陣はけっこうしっかりしているんですか?」
丸山「さすがに竜がいっぱいいるんで(危ない)・・・(^^;」
矢内「そうですね(^^;」
ここはちょっと笑った 矢内、2枚の竜で挟撃で攻められていて、
先手陣がしっかりしているってことはないだろう(^^; 

豊川がやや有利だろうが、中座も粘る ▲8九歩、▲7九歩の2枚の底歩の粘りは見習いたいね
後手、手が広く、次の一手、どう指していいか手が見えない、わからない・・・
と思って見ていたときだった、豊川、盤上を制圧する△5五金打ち! おお、これは見るからに好手!!
この手が優勢を決定づけたと思う 

30秒将棋が続き、対局者の顔が画面に映っているのだが、豊川、そんなことは忘れているのだろう
豊川、ハンカチを口にくわえてる姿が映し出された それも、口だけでハンカチを支えてる(笑)
・・・あ、離したか と思ったら、またくわえた(笑)

豊川、最後は桂の空成での成り捨ての王手を利かせて、見事に寄せた 豊川の勝利!
いや~、熱戦だった 1回戦とは思えないハイレベルな戦いだった・・・

相掛かりで154手はなかなかいかないよね 二人ともやっぱり強いわ
豊川のほうには特にこれといった疑問手のない、会心譜と言える内容だったんじゃないだろうか

終局直後、2人がしばらくだまったままだったのが印象的だった
この長手数、何て言ったらいいものか、
どこから感想戦をやったものかわからない、というところだったと思う

一局を振り返って、丸山「攻めたり受けたり、見所のある将棋だった 豊川がうまくまとめた
 9筋のと金が大きかった」ということだった
そうだよね、結局、中盤の入り口で作った9筋のと金の厚み、
あそこがもう勝敗のポイントだったと自分も思う
そこから延々100手以上かかったけど、中座には結局チャンスが来なかった印象だった

今期、女流が里見と清水の2人出てるわけだけど、男子はやっぱり強いわ
こんなにレベルが高いのを相手に、女流棋士に「勝て」と期待するのはやっぱり酷だろう、
と思ってしまった一局だった いやいや、熱戦だった

ところで、最後に、次週の対局者、吉田正和の顔が映ったんだけど、丸坊主で目がアブナイ、
どう見てもカタギには見えない(笑) 次週も楽しみだ