屋敷伸之九段vs吉田正和四段   NHK杯 1回戦
解説 内藤國雄

お、矢内、髪型が変わってる! 頭の上で髪を編んで、巻いて後ろをまとめている いいね~

さて、注目の吉田の登場だ 吉田、頭を丸坊主にしている これ以上ないくらいのツルツル頭だ
この頭で散髪屋さんに行ったら、散髪屋さんはいったいどういう応対をするだろうか(^^;

屋敷はB1のため予選免除 吉田は予選でコバケン、増田、ハッシーに勝ち本戦出場とのこと

解説の内藤「屋敷は何でも指す人 中、終盤が強い 18歳でタイトルを取った、最年少記録保持者
 吉田は神吉の弟子 神吉の弟子になるとは変わった子、神吉になんとメールで『弟子にしてください』と
 申し込んだそうで、神吉はびっくりしていた 好、不調の激しいタイプ
 経歴が異色で、アマチュアで抜群の成績をあげ、奨励会の初段に編入してプロになった」

事前の対局者へのインタビュー
屋敷(ニコニコ顔で)「最近の調子はいい感じ、今期のNHK杯は1回戦をまず突破して、
 できれば最後まで勝ち残りたい 見ている人に楽しんでほしい」
吉田(カメラから目線をはずして)「いつもどおり相手の棋譜を100局くらい並べてきた、
 厳しい相手が続くので生き残りたい、それだけ・・・」
吉田、声の最後がフェードアウトしていた(^^; 

先手屋敷で、相矢倉にスラスラと進んだ ▲4六銀+▲3七桂型を、△7三角で受ける形

序盤はのんびりした定跡形ということで、内藤さんの雑談が聞けた
内藤「吉田は予選で3連勝して上がってきた、これがまたいいところ(強い棋士)を負かしてますからねえ
 ま、わるいところ(弱い棋士)は誰だ、言われると困るんですけどね」
矢内「ふふふ、はい(笑)」

内藤「最近の将棋は昔と比べて、ずいぶん序盤が変わって全体にレベルが上がった、
 しかし、昔のA級棋士、たとえば二上達也、加藤一二三、有吉道夫、
 この3人を(全盛時の力で)仮に今のA級に入れても、
 今のA級棋士に決してひけは取らないだろう 昔のままの知識で、最近の将棋を何も勉強しなくてもね
 昔のA級棋士も強かったんですよ
 ただ、△8五飛だけはやらないほうがいいね」

内藤「私も昔、△8五飛は思いついたんですけど、『高飛車』という言葉が先入観になって、
 やることはできなかった 1局くらいやっとけばよかったです」

さて、局面、屋敷がスズメ指し模様で1筋の歩の交換をした、対して、吉田は△1二歩と低く受けた
内藤「△1二歩は、将来▲1四桂の狙いが残るのでどうなのか微妙 
 昔の升田vs大山戦では、△1二歩に▲1四歩と打った将棋もあった」 

吉田の△1二歩を見て、すかさず穴熊を目指した屋敷
内藤「形勢は6-4で屋敷良し」
吉田はこの後、屋敷からの3筋の交換もおとなしく受けた 
うーん、吉田、ちょっと元気がないなあ、と思ってみていた 攻め合いで勝負、と行きたかった気がする

屋敷が角の覗きから、▲6四銀と桂取りに打って、調子良く食いついてきた
内藤「矢内さんなら、桂取りをどう受けますか?」
矢内「こう・・・」(飛車を浮いた矢内)
内藤「王手飛車がかかりますよ?」
矢内「ああ! ホントだ・・・(笑) ホントだ・・・(笑)」
口に手を当てて笑う矢内、面白い

内藤「これは吉田が相当悪そうですね」
考慮時間も、7回vs0回と大差がついてしまった

相手が終盤のねじりあいに強い屋敷だもんね ここから逆転するのはもう・・・
ああー、吉田、力が出せなかったか

が、吉田はここからようやく力を見せ始めた
9筋と8筋をからめて、△8五桂の勝負手!
内藤「はい、矢内さんならこの△8五桂に対して、どう受けましょう?」
矢内「うーんと・・・ わからないから、1回、▲1四桂で王手します」
内藤「はっはっは」
それは質問の答えになってないね(^^; 矢内、相変わらずユーモアがあるね

吉田、このままいいところなく完敗かと思いきや、守りの銀を角にぶつけるなどして、けっこう迫ってきた
内藤「吉田君、なかなか追い込んでますよ!」
力の片鱗を見せた吉田だったが、いかんせん遅すぎた それまでの局面に差がつきすぎていた
屋敷に冷静に対応され、いくばくもなく吉田の投了となった

内藤「終盤は吉田が見せ場を作ってくれましたね しかし屋敷不利の局面はなかった」

「緊張するタイプ」の吉田、初のTV対局で、おそらくすごく緊張していたんだろう 
そのせいで、中盤、手が伸びなかった印象だった
まあ、慣れの問題なので、次の機会では力を発揮してくるだろう
内藤さんですら、「初めてのNHK杯はものすごく緊張してクタクタになった」とのことだからね

内藤さんの雑談がたくさん聞け、矢内の笑顔もよく見れた一局だった