第18期 銀河戦
本戦Aブロック 10回戦
藤井 猛九段 vs 小林裕士六段
対局日: 2010年4月1日
解説:窪田義行六段
聞き手:山田久美女流三段
記録:野田澤彩乃女流1級

21年度の成績は、デカコバ25勝16敗 藤井16勝15敗 2人の対戦成績は藤井の2-0

解説の窪田「デカコバは力戦風の居飛車党 中盤以降、豪腕を発揮する
 藤井は最近は先手番のときに矢倉で独自の工夫を出す しかし、私にとっては振り飛車党の総帥
 今日は後手番なので角交換系の力戦振り飛車か」

小林裕士は、デカイのでデカコバと呼んでいる 
先手デカコバで居飛車、後手の藤井は四間飛車に構えた
窪田「△4二飛が輝いています」
聞き手の山田久美「窪田先生、うれしそうですね 後手番藤井システムを見たいという
 ファンのみなさんも多いでしょうね」
窪田「私はあくまで、ファンのみなさんの声を代弁してしゃべっているんです」

さて、デカコバは▲5七銀右~▲4六銀と、右銀での速攻に出た
これで戦型は▲右銀4六銀急戦vs△藤井システムになった

3筋から仕掛けた後、突如なぜか大長考に沈んだデカコバ 
な、なぜだ? ここは▲2六飛と浮く一手ではないのか?
長考の末、2筋の歩を先に突き捨てた が、その直後にもまた時間を使って考えるデカコバ
なんと、デカコバ、もう7回目の考慮時間を使った・・・
窪田「時間の使い方がおかしい 何か誤算があったのかも」

藤井も時間を使って考えたが、これは優勢になる順を意識してのことだろう
藤井は先手の手に乗ってさばき、あっというまにリードを奪ってしまった
しかも、このリード、かなり大きい デカコバは攻撃に出て行った肝心の右銀が、負担な駒になっている
局面も、▲船囲いvs△美濃なので、藤井にとっては慣れた戦型、この後の手がとても考えやすいだろう

普通、居飛車側が盤面の右側でリードして、形勢はどうかというところなのに、
この将棋、右側でむしろ振り飛車側がリードを奪った もう藤井の駒はさばけまくりだ
どう見ても藤井勝勢だ はっきり言って、自分はもう途中から見る気が萎えてしまった
窪田「デカコバが流れをつかめない 駒を使える展開になかなかならない」

窪田の解説は、符号だけどんどん言うのでついていけない
同じトーンでずーっとしゃべっている どうせもう終わってる将棋だろう ね、眠い・・・
で、30分ほど寝てしまった(^^;

起きたら、局面は終盤になっていた
デカコバの9筋から攻めの手が続き、なんだか様子おかしくなりそうな気配だ
今、棋譜を見たら、終盤になってから先手は▲9六歩~▲9五歩を間に合わせたのか、
これはなかなか見ないね(^^;
窪田が慌て気味に「逆転するかも」と解説していたが、どうしても足りなかったようだ
中盤でついた差が大きすぎたね

結果、なんとか振り切って、藤井の勝ち 
山田久美「終盤にドキドキさせられましたね」
「終盤のファンタジスタ」の藤井だもんね
まあ、しかし、そうは言ってもA級なんで、さすがにこの将棋は負けなかったね(^^;
窪田「藤井システムに対して、だいぶ前にこういった居飛車側の急戦策はよく見られた
 序、中盤は、藤井の往年の指しまわし、理想的なさばきだった」

好カードの対戦と思いきや、早くに差がついてしまった一局だった
途中で寝てしまったが、まあしょうがないね