第18期 銀河戦
本戦Bブロック 10回戦
井上慶太八段 vs 橋本崇載七段
対局日: 2010年4月22日
解説:山崎隆之七段
聞き手:久津知子女流初段
記録:渡辺弥生女流2級

21年度の成績は、ハッシー19勝22敗 井上14勝18敗 2人の対戦成績は2-2

解説の山崎「ハッシーは、基本は居飛車党だが何でも指す 意欲的な作戦が多い
 井上は、今ではめずらしい居飛車だけの本格派」

ハッシーは、頭で栽培しているパイナップルが相当に育っていて、もう何個か収穫できそうだ
聞き手の久津「ハッシーは奇抜な髪型が多いですね」
山崎「僕と違って髪の毛がたくさんあって、うらやましいです(笑)」

先手ハッシーで、相矢倉の出だし そこから井上が△5三銀右と変化した
竜王戦で、渡辺が羽生に対して指した形だ

5筋の歩の交換の後、ハッシーはノータイムで▲5六金! 力強く上がった
さらにそこから、ハッシーは驚くべき構想に出る ▲6五金~▲7四金~▲8三金と行ったではないか
おいおい、どこまで行くねん(^^;
山崎「これは、次に▲8二金として、後手の桂香を拾いに行く狙いですね」
うわ、そんな手があるのか(笑)

井上も飛車を△4四飛というめったに見ないところに回し、もう互いに引けない力将棋になった
ハッシーが金で桂香を拾う前に、井上は何か手をつくらねばならない

山崎「ここですね! 何か井上のほうに妙手がないと」
・・・と言っていて、期待したのだが、妙手は出なかった あー、残念 
井上は歩切れ、もう今さら玉を囲っている将棋じゃない
仕方なく銀を捨てて、むりやり飛車交換に持ち込んだが、この後はどうにも足りなかったようだ

勝ちの権利を手にしてからのハッシー、落ち着いた的確な指しまわしを見せた
これはもう逆転はしない、という雰囲気が盤上にありありだった
優勢になってからのハッシーは、さすがに強いね
結果、105手でハッシーの勝ち
山崎「激しい将棋だったが、最後はきわどくハッシーがギリギリ勝ちを読みきった」
・・・そうかな~、ずいぶん前の局面からハッシーは勝ちと思って指し続けていたと思ったけどね

感想戦では、36手目が問題視されていて、その手がもう井上の敗着ということだった
ハッシー「常識的には36手目からはこちらが指しやすい」
井上「もう~そうですよね あとは無理攻めですよね~」

・・・やはりそうだったか(^^; あ~、盛り上がりに欠けて残念な一局だった
次では、もっとハッシーの頭のように盛り上がった一局を期待したい