あー、負けたけど、よくやった、よくやったよ
世界屈指の強豪のオランダ相手に、いいゲームだったと思う

私と母と友人Nの3人で見ていたけど、
試合が終了したとき、3人とも拍手していた

前半、開始直後はやや攻められたが、もしかしたらやれるかも、という雰囲気を感じさせていた
日本はみんながちゃんと動いているようで、そんなにハラハラもしなかった
日本にもチャンスらしいチャンスはほぼなかったけどね
特に決定的に危険なシーンもなく前半が0-0で終了、思惑どおりの展開だ
やったね 前半は、選手全員が、やるべきことをやっていたと思う

後半、立ち上がりからオランダが本気で攻めてきた感じ
数回ピンチを迎えたあとの8分、オランダが日本のゴール前での折衝でのこぼれた球を、
思いっきり弾丸のミドルシュートを打ってきた!!
キャプテン翼でいうところのタイガーショット並みの威力だ
これにはキーパーの川島は触るのが精一杯で、ドゴーン!とゴールを決められてしまった

ああー 入れられたかぁ まあ仕方ないね 
このシュートには組織で防ぐとか、そういうのは無理だよね・・・
その後、日本は落ち込まず、よく攻めた 決定的なチャンスは作れないけど、みんながんばって
いい動きをしていると思えた 同点にしに積極的に行っているのがよくわかった

一度だけ決定的にピンチなシーンがあり、オランダに攻められ、
キーパーの川島と1対1になって、思わず「あー!」と叫んだが、
川島が前に出て、ファインセーブして、難を逃れた よく止めた!

日本の決定的なチャンスは、この試合一度だけだった
後半の45分、うまいセンタリングからの、やや高い位置の球を岡崎が左足でシュート!
しかし、ボールは無情にもバーの上 あああ、これは惜しかった!

ロスタイム、長友が相手のペナルティエリアでこけて、審判が腕を平行に伸ばした!
なんとここでPK!!「おおおお、やったあああ!!」と
Nと大騒ぎしていたのだが、これはPKでなくゴールキック!
おーい、審判、紛らわしい仕草をしないでくれ(^^;
スロー再生で見ると、長友が一人で勝手にこけていた 全然ファールじゃない(笑)

結果、0-1での負け! でもよく戦ったよ 
うんうん、相手はFIFAランキング4位のオランダ、20試合負け無しのチームだったんだもんね
日本は45位、善戦したね 勝ち点は取れなかったけど、最小失点だから、
グループで2位争いの得失点差になったときに、有利だもんね

ホント、自分はW杯が始まる前の国際試合3試合を見ていて、
韓国戦0-2、イングランド戦1-2、コートジボワール戦0-2、
全部負けだったんで、どうなることかと思っていた
2連敗で早々に予選敗退かと思っていたんだけど、
1次リーグの3試合目までしっかり楽しめるんで、うれしいね

リーグ最終戦はデンマークが相手、全てはこの一戦にかかることになった
デンマークvsカメルーンが深夜の3時半からあるということだけど、
この試合を予習としてがんばって見ようと思う
カメルーンが勝てば日本に有利になる がんばれ、カメルーン!

追記:デンマークvsカメルーン戦を見て、わかったこと 自分は眠さにめっぽう弱い 以上