第18期 銀河戦
本戦Fブロック 10回戦
高橋道雄九段 vs 長沼 洋七段
対局日: 2010年4月14日
解説:深浦康市王位
聞き手:鈴木環那女流初段
記録:伊藤明日香女流初段

ここまで3連勝している長沼の登場 
神吉の4連勝に並んで、Fブロックの最多連勝者になるのか、注目の一戦

21年度の成績は、高橋10勝13敗 長沼16勝11敗 2人の対戦成績は長沼の1-0
昨年度、高橋はA級で6勝を上げたが、トータルでは10勝しかしていなかったのか

解説の深浦「高橋は純粋な居飛車党、昨年のA級での活躍はすばらしかった
 先手なら矢倉、後手なら横歩取りと決めている
 長沼は居飛車が多いが、前局の屋敷戦では先手番でも中飛車を使っていた 基本に忠実な棋風」

聞き手はカンナちゃんだ 前にも書いたが、カンナちゃん、キレイになっている・・・

先手高橋で、4手目にいきなり長沼が角交換してきた 現代将棋はもはや、作戦はなんでもありだね
深浦「手損角換わり、これは摩訶不思議な戦法です」
長沼は四間に飛車を振った そこから向かい飛車へ 高橋は7筋の位を取る作戦
これで、戦型は角を持ち合った▲居飛車+玉頭位取りvs△向かい飛車+美濃になった

カンナ「角交換振り飛車が流行っている理由は?」
深浦「まだわかっていないことが多いからでしょうね」
カンナ「自分で将棋を作り上げていくってことですね」
深浦「角交換の将棋は、いきなり大海に放り込まれる感じですね
 海の真ん中で、のたれ死ぬこともありますからね」

序盤は駒組みだったので、雑談があった
カンナ「対局前はピリピリした空気で、お二人とも目を合わせませんでしたね」

カンナ「高橋は本も10冊くらい出されてますね 『締め切りとか大変じゃないですか?』と
 ご本人に聞いたら、『大変と思ったことは一度もない、いつも締め切りの前に仕上げる』と言ってました」
カンナ「女流研というのがあって、月に2回やっているんですが、そこでは女流が男子プロと指せるんです
 高橋は女流研の幹事をやっていて、私も2局教えていただきました
 女流のことも気遣ってくれている先生です」
そして、高橋は棋界きってのテニスプレーヤーとのことだ
棋界のテニスプレーヤーと言えば、自分が知っているのはブロガーの遠山と、関西の福崎だ
 
一方の長沼は、「長沼の子供に将棋を教えている」とのことだったが、
まだ5歳なのでルールもおぼつかない、ということで、あんまり興味を引かれなかった(^^;
序盤から、しかめっつらをして、妖怪の「子泣きじじい」のような顔をしている長沼
長沼が「子泣きじじい」なら、「砂かけばばあ」に似ているのは誰だろう?
・・・石橋女流かな いや、なんでもないです

さて、局面、駒組みがほぼ終わったが、長沼のほうが左の銀、桂がいい形で、使いやすいように思える
深浦「2一の桂が活躍できやすいのも、角交換振り飛車の特徴ですね」
長沼の作戦勝ちか、と思っていたら、やはりそうだったようだ
高橋は馬を作ったが、すぐに長沼に角を合わせられた この角が急所の位置だ
馬を作らせたのは長沼の作戦だったんだね
深浦「長沼がペースを握っているかも」

長沼、その後も調子よく、△4五桂と跳ねる、天使の跳躍! ぐあ、高橋、これは痛い
その結果、長沼、桂香の丸得に成功!
深浦「駒取り坊主の長沼としては、駒をたくわえてニンマリ 
 高橋も厚みを作っている 両者の持ち味が出てる」

長沼、得した桂で両取りをかけ、高橋の飛車を取ることに成功 ほぼ飛車の丸得だ
さすがにこれでは高橋、つらい・・・
自陣に飛車を成り返って竜にした長沼の手つきが、ビシッとしなっていた 形勢に自信があるのだろう
なにしろ、飛車の丸得だもんな~(^^;

高橋も金銀5枚に馬付きの囲いで、がんばっている
カンナ「高橋陣、極上の手厚さですね」
深浦「極上ですね(笑)」
6筋と7筋、両方に駒柱ができそうだ
カンナ「2本の柱が、太い木の幹(みき)のよう 気の遠くなる王様ですね」

高橋、巧妙な歩の垂らしを見せたが、長沼はひるまず攻め合いに行った
ここからの長沼の指し回しは非常にうまく、深浦も感心していた
深浦「長沼はNHK杯で羽生に勝ったけど、最近でも若手の豊島に勝ってますからね」

長沼にしてみたら、もう優勢だったので、
極上の分厚さの高橋玉を薄くしていくのは快感だったかもしれない
一枚一枚駒をはがしていく様は、分厚いステーキを、ナイフでザクザク切り取り、
バクバク食べてしまっていくような感じだった

最後は高橋玉を裸にして、一気に寄せた長沼、快勝だった
長沼の「極上の分厚いステーキ、美味しゅうございました、ごちそうさまでした」
という声が聞こえてきそうだった
深浦「いやあ、長沼の指し手が正確でしたね 完璧な勝利、すばらしい勝ちでした」

さて、長沼さんが勝ち、4連勝でこのFブロックの最多連勝者になった
それはいいのだが、これで、長沼にはこの次の久保戦にも、ぜひ勝ってもらわなくてはならなくなった
次に長沼が勝てば、長沼は最終勝ち抜き者として決勝トーナメントに進出だ
そうすると、同じ4連勝した神吉に最多連勝者としての権利が回ってくるのだ
だが、長沼が次の久保戦に負けてしまうと、神吉が決勝トーナメント自体に出れなくなってしまう

神吉さんは、もうあと1年で、フリークラスに落ちてから10年になってしまい、引退になってしまうのだ!
しかし、この銀河戦で万が一優勝するようなことがあれば、「全棋士参加棋戦で優勝」ということになり、
引退せずにすむのだ 仮に、神吉が決勝トーナメントに出て負けたら、もうそれはしょうがない

神吉に、最後の晴れ舞台を用意してやってほしい! 長沼さん、次は何が何でも勝ってください!
神吉さんのために!! マジで、次の長沼vs久保戦は大一番だと思う