第18期 銀河戦
本戦Hブロック 10回戦
鈴木大介八段 vs 野月浩貴七段
対局日: 2010年4月8日
解説:丸山忠久九段
聞き手:藤田 綾女流初段
記録:井道千尋女流初段

土曜に放送された銀河戦
21年度の成績は、大介15勝20敗 野月23勝16敗 2人の対戦成績は大介の5-4

解説の丸山「大介は豪快なさばきを得意とする振り飛車党、ゴキゲンと石田流をよく指す
 野月は軽快な攻め将棋で、筋に明るい
 両者とも早指しが得意 2人とも攻め将棋なので、激しい攻め合いをどちらが制するかが見所」

お、聞き手が偶然、藤田綾だ 今回の服装は、胸がそれほど目立たない、うんうん、これならOKだ
大介、野月、ともにスーツは地味だが、ネクタイが派手だ
大介は紫、野月は緑、どちらも鮮やかな色だ ついでに、野月は金髪だ この金髪は似合っていると思う

さて、先手大介で、▲角道を止めた普通の三間飛車+高美濃vs△居飛車穴熊という戦型
丸山「大介は相手に穴熊に組ませて戦うことも多いですね」
大介は4筋の位を取り、その位を左銀で支える指し方だ
え~と、これって、コーヤン流? よくわかんない(^^;

大介が5筋から仕掛け、中飛車にした 野月は果敢に銀を出て対応 いきなり銀交換になった
おおざっぱな中盤だけど、こんな単純に進んでいいのだろうか? 
どちらかが読み抜けをしていないのだろうか?
丸山「直線的な流れになってますね」

10手ほど進み、後手からの、高美濃の金の頭に歩を叩く手を見て、
丸山「これはけっこう痛い手ですね」
さらに、後手の角打ちで、金と桂の両取りがモロにかかってしまった
え~、大介、こんなんで大丈夫? しかも考え込んじゃってる・・・
藤田綾「ここで考えてますね」
丸山「先手はどう指すのか非常に難しいですね」
2人で検討するが、いい手が全然見つからない

で、結局、大介は金を逃げただけ、野月は桂の丸得に成功した
丸山の解説はとてもわかりやすく、ほとんどの候補手を盤面を使って解説してくれてる
後手がどこに飛車を打つか、という局面になり、
丸山「先手には持ち駒に角があるので、ここに打ったらこうやって両取り、
 ここに打ったらこうなって両取りがあるので、飛車の打ち場所には気をつけないといけません」
うーん、解説、うまいわ パパッと一瞬で見えているね さすがだわ 

局面が進んでいくんだけど、なんか・・・どんどん野月がリードを拡大していく感じ
大介、角を2枚打ったけど、これも角が相手の質駒になっただけのような気がする
丸山「角2枚が重くなっているんですよね こういう展開は穴熊はもう食いついて離れないです」
大介が勝つ順が全く見えないんですけど・・・ 駒損もひどい
桂損から、桂2枚損になり、その桂で金を取られ、飛車で香車を補充され、もうボコボコ・・・

大介、最後は、玉の後ろから角をドカンと打ち込まれた
野月、必至をかけても勝ちだったが、ファンサービスで13手詰みを見せてくれた
野月は考慮時間を6回余して勝ち 野月は力半分で勝ったと思える将棋だった
丸山「途中からは差がついた」
あちゃー、大介、この内容は、不出来すぎ・・・orz

昔の、藤井システムが登場する以前の、居飛穴が猛威を振るっていた頃の将棋を見た気がする
振り飛車側が無策に進めて、普通にさばきあって、攻め合ったら、
結果は居飛穴側の完勝でした、みたいな内容だった ああー、とても残念だ
感想戦で、大介「本譜は踏んだり蹴ったりだった」 もうこの対局は早く忘れたほうがいいかもね(^^;

大介の極端に不出来な将棋は以前にもあった そのときも、この人が去年までA級?と思った
調子に波があり、出来、不出来が激しいタイプなのだろう 
大介に、将棋連盟代表の棋士として、コンピュータの相手をさせるのは怖すぎると思った