第18期 銀河戦
本戦Cブロック 最終戦
森内俊之九段 vs 行方尚史八段
対局日: 2010年5月25日
解説:阿部 隆八段
聞き手:山田久美女流三段
記録:渡辺弥生女流2級

21年度の成績は、森内28勝22敗 行方21勝16敗 2人の対戦成績は4-4のイーブン

解説の阿部「森内は第18世永世名人資格者で、第一人者 今は充実の域 
 手厚い指し回しは鉄板流と呼ばれる
 行方は中終盤に力を発揮する 両者ともに受けが強く、粘り強い居飛車党」

先手森内で、矢倉になった 行方は△5三銀右の急戦矢倉を選択

雑談で、阿部「今は戦法が色々なのが出てきましたね~
 淡路先生が一手損角換わりを初めてやったとき、
 私は『淡路先生、これだけはないでしょう』と言ってしまったんですが、
 今は自分が一手損角換わりをやっているという(笑)」

序盤、行方が5筋の位を取り、先手の銀が当たりになった瞬間、森内の▲2四歩の突き捨てが来た!
このタイミングなら△同歩と取るしかない・・・ 後からだと、△同銀と取られる形だ
森内が一本取ったのかと思いきや、感想戦で森内「指しすぎになるかもしれないので難しいところ」
だそうだ

駒組みが進み、森内が▲2五歩と合わせる順が回ってきた
これに行方、大長考して考え込んでしまった え~、もう行方、ダメなのか?
もう終わってるの? が、行方は△同歩として、銀桂交換にはなったが、充分勝負形に持ち込んだ
守りの桂を△3三同桂と手順に活用して、攻め合いに持ち込んで難しいのか 
なるほどね~ ここはさすがだった のだが・・

その数手後の行方の△1五桂という手が大問題だった
この手が指された瞬間、阿部「これはすごい手ですね あまりいい手に見えないんですけど・・・」
この阿部の直感、モロに的中! 森内に手順に横に飛車を逃げられ、その飛車が大活躍~
後は、森内に攻められまくり、行方陣は崩壊した
わずか81手で、森内の勝ち! 

△1五桂はココセだったね それも、ココセの見本のような手・・・orz
阿部「△1五桂は行方の一手バッタリ」
感想戦で行方「こんな桂を打つ人はいませんよね 飛車が下にしか引けないと思っていた」
だわー、だめだね、それはね(笑)
それまでがお互い、細かいミリ単位の手の応酬だったのに、
この手はメートル単位でもう何もかもを台無しにする手だったね(^^;

この一局の最後の森内の手、羽生の伝説の▲5二銀を彷彿(ほうふつ)とさせる手だった
だいぶスケールは小さいけどね 
阿部「ここはいい手がありますよ 次の一手に出したいような手です プロなら一目(ひとめ)です」
で、森内はその手を見事に指した まあ、当然だろうけどね 自分も正解しました(^^)

本局は、行方、ダメかった・・・

これでCブロックからは森内が最終勝ち抜き者、行方が2連勝ながら最多勝ち抜き者となって、
決勝トーナメント進出となった