<お詫びと訂正>
朝の7時頃にいったんアップして、「次の一手機能が1秒しか考えてくれない」と
書いてしまったのですが、マニュアルを読んでみると、解決策が見つかりました(^^;
「ファイル」→「各種設定」で、次の一手機能の棋力を変更することができたんですね
これで次の一手機能がまともに使えるようになりました すいませんでした

7月23日に発売された、将棋ソフト「激指 定跡道場2」を買ってしまいました
激指9を買ってからまだ半年しか経っていないので、どうするか迷いましたが、
「定跡講座」がどんなものか知りたくて買いました
私は今まで、「定跡講座」が入ったソフトを一本も持っていなかったのです

で、印象ですが・・・ すごい量の定跡が収録されています
解説も、一手一手、ほとんどの手に所司先生のコメントが入っています
まずポイントとなる局面を図で示し、初手から知りたい場合は、初手に戻って解説してくれてます
ぐわ、これはすごいわ(^^;


激指9との違いは? 激指9は、「女流棋士と7番勝負」、「キャラとの対局」、「詰棋バトル」、
 「実戦詰将棋」、「棋譜鑑賞」、「指導対局」といった、言わば遊びモードが充実していましたが、
それらは激指定跡道場2にはありません 
ただし、「レーティング対局」はカットされずに、残されてあります
追記:「指導対局」もカットされずにありました すいませんでした

激指9になくて激指定跡道場2にあるのは、
「320の指定局面から対局する定跡道場」、「渡辺明実戦編」、そしてキモの「定跡講座」です 

あとはいつもおなじみの、「検討モード」、「棋譜解析」、COMに最善手を訊く「次の一手」等です
ユーザー独自の「定跡編集」もできるようになってますが、私はそんな難しいことはやりません(^^;

まあしかし、これらはマイコミのHPを見ればだいたいわかることです↓
http://soft.mycom.co.jp/

今回は検討モードと、次の一手機能がどうなっているか調べてみたいと思います

検討モードを使って見ましたが、激指9は思考が六段まででしたが、
激指定跡道場2は六段+++という段位まで考えるので、だいぶ時間がかかる感じです

以前、このブログで、2009.12.24(ここの日付に、私のPCのスペックが詳しく書いてます)に、
「激指9の検討モードがおかしい件」という記事を書きました

それは直っているんでしょうか? 次の一手機能はどうでしょう?
まずはこの局面です↓
 
後手:ボナンザ
後手の持駒:角 歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・v飛 ・v金 ・v銀 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v歩 ・v玉 ・|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ 歩v銀 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 銀 ・ ・ 歩 歩 歩 歩|六
| 歩 歩 飛 ・ 歩 金 ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:激指<全戦型> 六段
先手の持駒:角 歩 
手数=40 ▽5五銀 まで

激指9の検討モードで調べてみると、(候補手3手)

1回目 1分30秒かかって、六段の思考が完了 形勢は+110
最善手▲8五銀、次善手▲6七銀、3手目の候補手▲8八角

2回目 1分45秒かかって、六段の思考完了 形勢は+298
最善手▲6七銀、次善手▲8五銀、3手目の候補手▲8八角 

うーむ、最善手を▲8五銀にしてしまうことがある激指9、どうにもこうにも信用に欠けます
次の一手では、棋力を六段に設定して15秒ほどで▲6七銀でした

激指定跡道場2の検討モード、次の一手機能はどうか?(候補手3手)

1回目 7分ちょうどかかって!六段+++の思考が完了 形勢は+188
最善手▲6七銀、次善手▲6一角、第3候補手▲8八角

2回目 5分45秒かかって、六段+++の思考が完了 形勢は+92
最善手▲6七銀、次善手▲6一角、第3候補手▲8五銀

1回目は、7分もかかってしまいました~ 2回目も5分45秒 こ、これは待つのがツライ
ただし、1分ほどで、もう六段+まで思考が行っていて、▲6七銀が最善手と出ていましたから、
もうそこでユーザーの判断で打ち切っても良さそうですね

ところが! 次の一手では、1秒で「最善手は▲8五銀」と出ます! な、なんで~
マジで、な、なんでやねん! もうちょっと考えてよ~ 1秒で判断しないでよ~orz
・・・と思いきや、これは私の勘違いで、
「ファイル」→「各種設定」で棋力を変更できるのが、わからなかったためでした(^^;
棋力が最高は六段+++まで選べますね
1秒で返答してくるのは、棋力を初期値の三段のままにしてしまったからでした(^^;
六段+に設定して訊いてみると、20秒ほどで「最善手は▲6七銀」と出ました あー、よかった

次の局面↓

後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・v飛 ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩 ・ ・v銀v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 玉 銀 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=27 ▲4五歩 まで

後手番

まずは、激指9の検討モードで調べてみると、(候補手3手)
1回目 35秒で六段の思考が完了 形勢は-54
最善手△同歩、次善手△4二飛、第3候補手△3二金 

2回目 30秒で六段の思考が完了 形勢は-54
最善手△同歩、次善手△4二飛、第3候補手△3二金 つまり、1回目と同じ

なんですかね、この△同歩が最善っていうのは・・・ 
先手に角交換されてから、2筋を切った後の▲4四歩が厳しく、△同歩は敗着でしょう・・・
次の一手機能(六段に設定)だと、2回やって、2回とも7秒ほどで△4二飛が最善と出ました

では次に、激指定跡道場2の検討モードで調べてみると、(候補手3手)
1回目 2分45秒で六段+++の思考が完了 形勢は-70
最善手△3二金、次善手△4二飛、第3候補手△5五歩

2回目 2分40秒で六段+++の思考が完了 形勢は-70
最善手△3二金、次善手△4二飛、第3候補手△5五歩 つまり、1回目と同じ
ただし、これも30秒ほどでもう六段+まで思考が行っていて、△3二金が最善手と出てましたから、
そこで読ませるのを打ち切ってもよさそうです

次の一手機能の棋力を六段+に設定して訊いてみると、10秒ほどで△3二金と出ました

追記:前期銀河戦で、▲谷川vs△羽生、この局面で、羽生の△9六角成りという絶妙手がありました↓
激指定跡道場2の次の一手機能(六段+)で調べると、10秒で△9六角成りを正解してました
検討モードでも、いきなり△9六角成りが最善手の一番手にきました

結論:激指定跡道場2の検討モード、次の一手機能は使える

後手:羽生善治名人
後手の持駒:飛 歩五 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ 馬 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀 ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・v桂v歩 歩v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 ・ ・ 銀 ・v歩 ・ ・|六
| ・v角 銀 ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・v龍 香|九
+---------------------------+
先手:谷川浩司九段
先手の持駒:金 銀 桂 
手数=9 ▲8八玉 まで

後手番