激指定跡道場2ですが、この間の、NHK杯の▲島vs△井上戦で指された、
▲矢倉vs△右四間の講座も充実していますよ かなり詳細です
ただし、講座では後手は△8四歩型で、先手は▲5八金と右金を上がってますけどね

立石流に関しては、ある局面の講座の、解説の形勢判断で、
「先手良し」と書かれているけど、実際はどうなんだろう?
と思った部分があり、検討モードで確かめてみると、まだ互角だったりする場合がありました
所司七段の形勢判断より、検討モードの形勢判断を信用してしまいます(^^;

この局面は定跡道場で解説されているかな?と思った場合は、その局面にしてから、
「局面検索」→「完全一致で検索」すると、見つかる場合があります
見つかれば、そこから直に講座とリンクして、講座を見ることができます
「完全一致で検索」以外の検索の仕方はありません
「あいまい検索」はできません

あと、先日、定跡道場2には「指導対局モードがない」と書いてしまったのですが、ありました
すいませんでした


話は変わって、昨日の▲林葉直子vs△中倉彰子女流初段の対局、棋譜を見ました↓
http://joshi-shogi.com/kifu/nrs4_2-7.html

私が衝撃的だったのは、林葉さんが負けたことなどではなく、この内容です
32手目の、中倉さんの△8五歩ってなんですかこれは・・・orz 
正直、アマ級位者並みの悪手・・・ 定跡を知っていれば絶対指さない類の手です
長年将棋から離れていた林葉さんは、この際どうでもいいです
中倉彰子さんは現役の女流初段のプロなんですから、こういう手は指さないでほしかったです
マジでorz