HIKARU “AKIRA, HOW CAN YOU BE INTENSE...?
 IS GO MORE THAN JUST A GAME...?
 ARE YOU TRYING TO PLAY 『THE DIVINE MOVE』 JUST LIKE SAI...?”

ヒカル“塔矢 お前のあの 真剣さってなに? 囲碁ってなんだ?
 お前も佐為のように 神の一手を極めようと しているのか?”

INTENSE (インテンス テにアクセント)激しさ
DIVINE (ディヴァイン ァにアクセント)神の

(緒方九段に見つかり、碁会所につれてこられたヒカル)
TOYA KOYO 「SO THAT’S THE BOY WHO BEAT AKIRA... ...NOT ONCE BUT TWICE...
 WELL THEN, LET'S SEE HOW GOOD YOU ARE... HAVE A SEAT...」 

塔矢行洋「その子か アキラに勝ったというのは  それも2度も あのアキラに・・・
 キミの実力が知りたい 座りたまえ」

SAI “Hikaru!! Allow me a match with him...
 Even when I was with Hon'inbo Shusaku, there are few players...
 Who emitted such an aura!”

佐為“ヒカルッ!! 彼と打たせてください 
 本因坊秀策であった私に いどんできた あまたの好敵手たち
 この者の気迫は まさしく彼等と同じ!”

allow  ~を許す
few 少ししかない
emit (イミット iにアクセント)~を発する
aura  オーラ、気

TOYA KOYO 「PUT DOWN THREE STONES. THAT'S HOW I PLAY WITH AKIRA...
 THREE STONES AGAINST THE HOLDER MEIJIN TITLE. 
 DO YOU KNOW WHAT THAT MEANS? THAT'S HOW AKIRA GOOD IS.

塔矢行洋「石を3つ 置きなさい アキラとはいつもそれで打っていた
 名人の私に 石たった3つだ わかるかね それがアキラの実力だ」

AGAINST ~に向かって 

HIKARU “HMPH... I'M THE ONLY WHO DOSEN'T BELONG...
 SAI, I WANT TO... I WANT TO...”

ヒカル“ちぇっ・・・ オレだけなんだか 仲間はずれ・・・
 オレが・・・ 佐為 オレが打ちた──”

TOYA KOYO 「LET'S BEGIN...」 KLAK!
SAI “Approch at 3-5!”
TOYA KOYO  KLAK!
SAI “Attach at 3-3...”

塔矢行洋「いくぞ」 バチッ!
佐為“5の三 カカリ”
塔矢行洋 ビシッ!
佐為“3の三 ツケ”

Approch ~に近づく、接近
Attach ~を取り付ける、貼り付ける

TOYA KOYO 「I'VE BEEN TEACHING AKIRA GO SINCE HE WAS TWO YEARS OLD.
 WE PLAY A GAME EVERY MORNING. HE'S GOOD ENOUGH TO BE A PRO.
 I DON'T ALLOW HIM TO PLAY IN AMATEUR TOURNAMENTS.
 IF HE WERE TO PLAY IN A YOUTH TOURNAMENT, 
 HE WOULD CLASH THE HOPES OF ANY ASPIRING PLAYERS.
 AKIRA IS ON A DIFFERENT LEVEL.
 THAT IS WHY... THAT IS WHY IT IS DIFFICULT TO BELIEVE...
 ...THAT SOME CHILD DEFEATED AKIRA.」  

塔矢行洋「アキラには2歳から 碁を教えた 
 私とは毎朝一局打っている 腕はすでにプロ並みだ
 アマの大会には出さん アイツが子供の大会に出たら まだ伸びる子の芽を摘むことになる
 アキラは別格なのだ だからこそ そのアキラに勝った子供がいるなどと 私には信じられん」

ASPIRE (アスパイア 野心に燃える)
DEFEAT (ディフィート 打ち負かす)

HIKARU “WOW! IT ALMOST LOOKS LIKE HIS FINGER-TIPS ARE GLOWING!
 I... I  WANT TO BE ABLE TO DO THAT...
 I WANT TO BE ABLE TO SNAP A STONE DOWN LIKE THAT...” 
 KLAK!!

ヒカル“スゲェ! 指先が光ってるようだ! ・・・・・・オレも
 オレもあんなふうに 打てたら─── ” 
(ヒカルが無意識のうちに、碁石を完璧な持ち方で盤に打ち込んだ)
 パシィッ!!

TIP 先、先端
GLOW 光る、輝く  

これが、ヒカルの素質が目覚めた瞬間だった! いや~、やっぱり何回読んでもGOOD!(終わり)