行方尚史八段vs村山慈明五段   NHK杯  1回戦
解説 羽生善治

1週間前に放送された一局
おお、矢内が髪の毛を下ろしている~ この髪型もいいね
朝ドラの「ゲゲゲの女房」の主人公みたいだ
しかし服は、半袖とはいえ、黒であいかわらず地味だね

そして、解説は羽生か 髪型は短くスソ狩りして中学生みたいだ 
羽生はNHK杯を8回も優勝しているのか さすがだねえ

行方はB1のため予選免除 
村山慈明(やすあき)は、予選で佐藤慎一、遠山、タナトラに勝って本戦出場

羽生「行方は積極的で、長手数を苦にしない
 村山は最新の定跡に精通している、手厚い将棋」

事前のインタビュー
行方「村山は研究会をいっしょにやっていて、数多く指している
 細かいところまで研究が行き届いている 何とかいい将棋を指せたらいい」
村山「行方は粘り強い将棋、公式戦ではまだ勝ったことがない(0-2)ので、
 このあたりで一番返したい 角換わりの最新の将棋を見せたい」

先手行方で、後手村山の一手損角換わりになった ▲早繰り銀vs△矢倉だ
羽生「類似局は一局ほどしかないと思う」 
さすが羽生、細かい情報をよく知ってるなぁ(^^;

そこから結局、相腰掛け銀の▲4七金型vs△4三金型に落ち着いた
行方から仕掛け、互いに角換わり特有の筋、筋の応酬だ
羽生「盤面全体の駒を使って攻め合いですね」
この中盤はめっぽう難しく、自分はいったんビデオを止めて、昼寝して休憩だ
これは難解だわ(^^;

んー、この角換わり相腰掛け銀の戦型、難しすぎてついていけないなー、と思っていた矢先だった、
羽生「村山が局面を明らかに決めに行っています」と断言したところから、面白くなった
そうそう、この暑さなんだから、一気に切り合いに行ってくれないとね

駒の取り合いがあって、正確な形勢判断が必要なところだ
羽生「行方としてもけっこういけるんじゃないか」
矢内「▲4五歩とかはちょっとぬるいんですか?」
直後、行方は▲4五歩を着手、
羽生「ぬるくないみたいですよ(笑)」
矢内「ふふ(笑)」

金を打ち合う千日手模様に一瞬なったが、行方は打開した
行方の、飛車を大きく振り回す打開策に、さすがだなあ、と思って見ていた
羽生「いや~ まだまだ先が長いです 
 お互いに決めに行ったり、手を戻したり、複雑なことをしてますねえ」

村山が苦しいように思っていたんだけど、金取りに歩を突き出され、痛いと思われた瞬間、
△5三銀という竜に当てた手が出た! お、なんだこれは!? 難解でわかんない(^^;

村山はさらに、「どうぞ必至をかけてきてください」と△1二玉とひとつ寄る手を着手
これは実際に必至をかけられたら、相手を一気に詰まさなければ負けになる手だ
行方は、この手に対し、自玉に詰みありとみて、即座に反応、竜を攻防に引いた!
うわあ、もうどんだけ高度な応酬やねん(^^;
羽生「これは・・・ いやいや・・・ しかし・・・」
解説の羽生ですら、キッチリ読みきれてない

最後は、持ち駒を見事に活かした村山が、先手玉を詰まし、村山の勝ち!
わあー、これは非常に高度だったわ 感想戦もなかったし、どこが行方の敗因なのかわからないわ

羽生「非常にきわどい将棋を村山が競り勝った、大熱戦だった」

最後の村山の寄せは見事だった
これはホントにハイレベルな内容だった 好勝負だったね

・・・だけど、これじゃあ「娯楽」としては難解すぎるんじゃないかな~と感じてしまった(^^;
自分は、実はテレビのある部屋はクーラーが故障していて、
気温34度、湿度70パーセントの環境でこの将棋を見ていたのだ 
これは厳しかったです、はっきり言って(笑)

投了図以下の即詰み、10手かかるのを羽生が説明してくれたけど、
あれを対局中の最中に読めた視聴者が何パーセントいただろうか
この暑い中、序盤は最新定跡、中盤は角換わり特有の手筋の応酬、終盤はギリギリの将棋、
これを理解するのはキビシイね
今回は、将棋って、難解な娯楽と思わされた次第(^^;