第18期 銀河戦
決勝トーナメント 1回戦 第2局
森内俊之九段 vs 糸谷哲郎五段
対局日:2010年6月24日
解説:桐山清澄九段
聞き手:上田初美女流二段
記録:野田澤彩乃女流1級

8月7日の土曜に放送された一局 もう10日も前になっちゃってる(^^;
この一局、開始前にすごいアクシデントが!

聞き手の上田が「まずはトーナメント表をご覧下さい」
と言って、トーナメント表が出された瞬間、自分の目を疑った
なんと、森内がすでに糸谷を降していて、赤線が上に来ていて、勝ちあがっているではないか!!
おーい、なんだこれは?! どういうミスだ? 対局は今からなんだぞ
もしかして、森内がもう勝ったことを視聴者に知らせてくれちゃった?
うわあ、冒頭に結果を知らせるという、ありえないミス!! これはひどいいいい orz 

以前、新四段と最多対局者の久保の成績を取り違えるというミスがあったが、
今回は、いくらなんでもひどい・・・ まあ仕方ない、内容を見るか

22年度の成績は、糸谷5勝3敗 森内4勝2敗 対戦成績は1-1のイーブン

解説の桐山「糸谷はプロ5年目、勝率も高いし、上位の棋士に勝っていて早指しも強い
 森内は数々のタイトルを獲得し、早指しでもいくつか優勝している
 糸谷の爆発力を、森内は警戒しないといけない」

先手糸谷で、横歩取り△8五飛戦法になった ▲中住まいvs△中原囲いだ
上田「△8五飛は最近また、非常に多くなってますね 名人戦とか」
桐山「一時は少なくなってたんですが、また多く指されてますね」
うわ、大丈夫か~ 自分はついていけるのか 

で、やはり序盤は難しくて、ついていけませんでした(^^;
桐山「お互い指し手が早いですね 相当研究してるんですね」

糸谷のほうが先に考慮時間に入る、という展開
上田「今回はめずらしいですね 糸谷のノータイム指しは話題になりましたね 
 相手が指して、相手の手が離れる瞬間に、もう指しているという(笑)」

何をしたらいいのか、難しい序、中盤で、
桐山「手番のほうが何かしなければいけないですが、何をするんでしょう」と、何回か言うことになった

中盤、糸谷が金が上がった手に対し、森内が筋違い角を打った これは厳しそう!
糸谷、角のラインを見落としか?
桐山「いや糸谷は大丈夫なんでしょうか」
上田「糸谷はすごい感覚ですね」 
感想戦では、糸谷は見落としではなかったが、これで先手が苦しくなった、とのことだった

中原囲いは磐石だし、バンバン攻めてくる森内 
しかし、感想戦で糸谷「苦しいながらもまだ勝負」と言うのだから、頼もしい
森内、会心の指し回しと思えるのだが、どうもあと一押しが足りない
どうやるかと思っていたら、銀を控えて打ち、じっと、と金を寄ったか~! うおお さすがだ
だがだが、糸谷も粘りに粘る 大熱戦だ

糸谷、勝負手の桂打ちを放った手に対し、森内、慌てた
秒を8まで読まれて駒台の桂を右手に取り、9を読まれて、左手で銀を動かした! うおおお(^^;
ここら辺で、どうも形勢がおかしくなりだしたよう、
桐山「これは危ないです 逆転したかもしれません」
本当に大熱戦だ これ、冒頭の表では、森内が勝ったらしいけど、おかしいんじゃ?
糸谷が勝つのでは?

最後、糸谷玉が詰むや詰まざるやになった
桐山「詰みがないので、糸谷の勝ち」
だったのだが、実戦では詰みがあり、森内の勝ち!! 
いや~、うわ~、1歩しか余らない、鮮やかな詰み!!

桐山「最後は、玉の逃げ方によっては、詰まず、糸谷の勝ちだった」
はあ~、そうだったか うんうん、桐山さん、この難戦をうまく解説してくれたね
非常に高度だったが、解説、どうにか乗り切ってくれたと思う(^^;

感想戦で、糸谷「形勢は苦しいがまだ勝負」というのが頼もしかった
相手は森内、それも攻められっぱなしなのに、まだやれる、と思って指せるのはすごいことだ
あと、色々な変化の話で、置き去りにされずに話に入っていく上田女流が印象に残った

これはすごい勝負だった 内容的には、どっちが勝ちか、最後まで本当にわからなかった 面白かった
でも、冒頭のトーナメント表で勝敗を知らせるのは、もうやめてください(^^;

局後のインタビュー
森内「途中、バカにうまくいって、このままいければいいな、と思ったけど、
 追いつかれて、最後はトン死みたいな形で勝った 
 次の2局目は、今日以上に面白い将棋を見せたい」