第18期 銀河戦
決勝トーナメント 1回戦 第4局
野月浩貴七段 vs 橋本崇載七段
対局日: 2010年6月25日
解説:木村一基八段
聞き手:井道千尋女流初段
記録:渡辺弥生女流2級

先週の土曜に放送された一局
22年度の成績は、野月4勝3敗 ハッシー3勝3敗 2人の対戦成績は2-2のイーブン

野月は茶髪でカッコイイ髪型、ハッシーも茶髪、エキセントリックでアナーキーな髪型だ

解説の木村「野月は居飛車党、超攻撃型の鋭い棋風
 相掛かりや横歩取りのような、技が決まる戦型を好む
 ハッシーはオールラウンダー 攻めて良し、受けて良し、バランスのとれたしっかりした将棋を指す」

先手野月で、一手損角換わりの相腰掛け銀になった
ハッシーから仕掛け、野月もそれに応えて攻め返した

難解な中盤がずーっと続く 木村はわかるように丁寧に解説してくれるんだけど、
それゆえ、どれだけ高度な応酬が続いているかがわかり、
うへー、これは難しいことをやっているな~と思うことになってしまった(^^;

木村「この将棋は、お互いがギリギリで突っ張っているので、どっちが勝っても大差になりやすい」

終盤の寄せ合い、という頃、ハッシーが銀を5四から△4三銀と引いて固める手が出た
ん、これは玉を固めた手だな、と思ってみていたのだが、
なんと、これが△5四角と打つ手を作った妙手!
△5四角は王手飛車なのだ 本譜、王手飛車が実現し、野月はどうしようもなく、投了に追い込まれた

ん~、ハッシー見事! △4三銀は気づきにくい手だった
感想戦で野月「いや~ △4三銀はいい手だったね」

局後のインタビュー「難しい将棋でしたけど、自分の力を出していい将棋が指せたと思う
 昨年は銀河戦はベスト8で負けたので、次は何としても勝ってベスト4にいきたい」

・・・今回の感想は短いですがこれで終わり 
決め手の△4三銀~△5四角以外は、すごい難解な将棋だったです(^^;