つい先日、24に追加された新しい持ち時間「早指し2」
まだこの「早指し2」で5局ほど指しただけですが、これ、かなりいいと思います
指して見ての感想です

メリット
・切れ負けしてしまうことが少なくなる
・勝負所で30秒以上、考えることが出来る

デメリット
・相手が「早指し2」以外の持ち時間を希望していて、対戦相手がすぐに見つからない

私はメリットのほうが断然大きいと思います
とてもいい改良だったと思います

ただ、気になったのが、「早指し2」に対する説明書きが、
いまひとつわかりにくいということです
24のトップページと、詳細な解説のページを読みましたが、
初めのうちはなんだかよくわかりませんでした

私は、いったん「猶予持ち時間」に入ったら、もう後戻りできず、
1分切れ負け将棋になってしまうのかと勘違いしていました
そうではなく、また30秒将棋に戻るんですね ここがわかりませんでした
どういう意図でこの「早指し2」を追加したのか、それを説明して書いて欲しいですね

・・・せっかくなので、この文章、24の掲示板にも書いておくことにしました