第18期 銀河戦
決勝トーナメント 1回戦 第7局
羽生善治名人 vs 山崎隆之七段
対局日: 2010年7月2日
解説:松尾 歩七段
聞き手:熊倉紫野女流初段
記録:野田澤彩乃女流1級

22年度の成績は、羽生14勝3敗 山崎11勝2敗 2人の対戦成績は羽生の12-2
今期、絶好調同士の一戦

解説の松尾「羽生は序、中、終盤、どこをとってもスキがない 手厚い将棋を指す
 山崎は序盤から独創的、非常に面白い将棋を指す 人まねをしない、自分の形をもっている
 まず山崎がどういう変わった序盤を見せるか、そして中終盤のねじりあいも見もの」

雑談で、松尾「羽生は普段からバランスよく話題を取り入れている
 私なんかと話すときも、私が話しやすい話題を選んでくれる」
聞き手の熊倉「たとえばどんな話題で盛り上がりますか?」
松尾「盛り上がるというか・・・(^^;」 松尾、困っていた
羽生と松尾がしゃべっても、特に盛り上がるということはないようです(笑)

先手羽生で、後手山崎の一手損角換わり 
羽生の早繰り銀を、山崎は腰掛け銀で受けようとしているところ

松尾「一手損角換わりは山崎さんの得意形のひとつ」
熊倉「研究もしっかりしているんでしょうね」
松尾「あまり研究しているというタイプではないですね(^^;」

山崎、序盤早々いきなり4筋の歩を突き出し、つっぱった
対して、羽生も銀を5段目に進出、つっぱりかえした!
いきなりのっぴきならない展開だ これは面白い さっそく戦いに突入だ 

羽生は、銀を助けつつ、一歩得するべく、自陣角を打つ
これに対し、考え込む山崎 例によってほっぺたをふくらませている

後手に歩を助けるうまい受けがあるのか・・・ 松尾にはわからないようだ 
どうするか、と思いきや、山崎は飛車を四間飛車に振って、「やってこい、歩を取って来い」と指した!
おお~この手があったのか 指されてみると好手っぽい さすがだ
松尾「やっぱり力戦になりましたね 山崎は玉飛接近を好んで指している気がする」

山崎の飛車の転回が成功し、羽生が角の打ち損になったのだ
松尾「先手を持って、狙いがはっきりしない」

序盤のここまでは、見ていてとても面白かったのだが・・・
ここから、互いに何を目指して指せばいいのか、わかりくい将棋になってしまった
例えば、「片方が攻めて、相手が受ける」という展開ならわかりやすい
この将棋は、中盤以降、どっちが何を意味して指しているのか、わからなくなっちゃったorz
松尾の解説も、キレがない でも松尾のせいばかりとも思えない

ともかく、終盤になった 山崎が先手の角を取りながら角を飛び出した
この飛び出した角が、先手陣に利いていて、詰めろなのだ 羽生は▲同飛、と行きたいが、
そうすると先手は2段目の飛車の横利きがなくなって、詰んでしまう
普通は、こんな手が出たらもう終わりだが・・・ 
羽生、ここまでか 山崎、対羽生戦、待望の3勝目か

ここで羽生マジックがでた! 8八の玉をスッと一つ寄る、▲9八玉!
これで一気に形勢が混沌、わからなくなってしまった!
また、難解な終盤戦が続くことになった

で、いったんそうなってしまったら、後はどっちが勝ったか、だいたいお分かりでしょう
最後は羽生が鮮やかに後手玉を21手詰みに切って落とした 107手で羽生の勝ち

松尾「序盤から変わった戦いだったが、中、終盤、技の応酬が面白かった
 山崎が勝ちそうになったが、▲9八玉が好手だった ギリギリの勝負で、何が山崎の敗因かわからない
 解説が二転三転して、それくらい難しい将棋だった」

山崎、これで羽生との対戦成績が2-13になってしまった これでは苦しすぎる・・・
どうにかがんばってほしいけどね この一局を見る限り、山崎も力を見せているんだけどね
最後に結果的に勝っちゃう羽生

とにかく、本局は中盤以降、難しすぎて、自分レベルでは理解不能の一戦だった それは残念だった

局後のインタビュー
羽生「お互い、構想が見えづらい将棋だったので、
 かなり駒組みの細かいところから神経を使った、はっきりしない将棋だった
 2回戦も元気よく力いっぱい全力をつくす」