窪田義行六段vs堀口一史座七段   NHK杯 2回戦
解説 中川大輔

矢内、ちょっと顔が日焼けしてる~ 健康美人だね いいねいいね
解説の中川、かなり日焼けしてる~ 俳優の中井貴一にヒゲをはやして日焼けさせてちょっと汚したら
そっくりだろう

さて、クーラーがない中でのNHK杯観戦だ 
部屋はかなり暑く、扇風機をそばに置いて「強」にセットして見るしかない
今週は窪田かあ これは振り飛車vs居飛車の対抗形になる、気楽に見れるだろう、と思っていた

中川「窪田は振り飛車党で、三間、四間、中、どこに振っても個性が出る 粘り強い将棋
 シーザーは居飛車党で歯切れのいい将棋、読みが深くて短手数の切り合いが得意
 好対照な2人」

窪田「シーザーは居飛車の本格派、時間を惜しみなく使い、
 時間がなくなった後のキゼンとした指し回しがなんたらかんたら~(ここ、聞き取れず)
 シーザーの趣向が見られるかもしれないが、私は主導権を渡したくないのでキゼンとして対応したい」

シーザー「1回戦の清水戦は、最後は大差だったものの、苦戦だった 
 今日は力強い将棋が指せればベスト」

先手窪田で、趣向の作戦に出た ▲7七角△同角成▲同桂の形だ
で、いきなり▲6六角と自陣角を打って、▲2六歩と飛車先を突いた?!
な、なんだこのド素人のようなムチャクチャな指し方は? と思いきや、
これで一手得しようという魂胆だそうだ 
窪田、意表の居飛車!

▲6六角に対し、シーザーが、そんな手もあるのか、というように「ふ~っん・・・」と
反応したのが面白かった(^^;

矢内「窪田は対局がはじまったら、すぐに上着を脱いで・・・」
(ここで、窪田が映し出された が、なぜか上着をまた着直した窪田)
矢内「と言っていたら、着られちゃいましたね(^^;」

窪田は持ち物がやたら多く、右脇のお盆の上に大量の数の飲み物入れがある
後ろの黒い箱のような物体は、中川いわく「菌を殺す機械」だそうだ
なんだそれは(笑) どこかの通販で買ったのだろうか 通販生活だろうか

駒組みが進むと、少し変わった角換わり相腰掛け銀といった戦型だ
あちゃー、窪田の振り飛車、どこへやらだ 結局、角換わりか
 
中川「まだ駒がぶつからないが、お互いに気苦労が多い」
うーわ、これは見るほうも大変だわ・・・

序盤、ずっと中川が窪田をほめる展開
中川「窪田、うまいじゃないですか、居飛車」
中川「窪田が主導権を奪った」
中川「シーザーはここまで、これといった疑問手は指していないのに、納得のいかない序盤」

シーザー、このままでは苦しいと見たのか、△3五歩と、自玉方面で自ら仕掛けていった!
うわー、この手は全く思いつかないわー、と思って見ていた

で、ここまで、自分は、中川さんの形勢判断に疑問をもっていたのだ
たしかに、窪田が盤面を制圧しているように見える しかし、後手は持ち角なので、
いつでも反発が効くので、形勢は難しいんじゃ?と思っていた・・・

らば、その予感、的中! 局後、この△3五歩で、なんと先手はしびれていた、とのこと!
感想戦でシーザー、「△3五歩はいい手だな、勝負手だった」と自画自賛していた(笑)
中川さんの形勢判断はどうだったのだろうか

この△3五歩で一挙に忙しくなった先手、その後、窪田は攻め続けたが、
ものの見事に切らされてしまった
シーザーの指し回し、△1一玉と穴熊にしたのに、すぐに△2二玉と戻ったあたりは感心した
窪田の攻めを丁寧にめんどうを見づづけ、完切れにしてしまい、シーザーの完勝!
・・・暑くてくたびれたんで、文章ではすぐ決着をつけましたが、
実戦は延々入玉模様で長かったです(^^;

あ~、しかし、NHK杯、今週は理解するのが難しかったあ これも相居飛車の宿命か 

今回の窪田、放送時間内ではこれといった敗因が見つからなかったが、
居飛車で行ったのがどうだったか 
窪田にはやはり振り飛車で、感性で指す将棋を期待!
窪田の将棋は、誰が言ったか、「ガラパゴス諸島で独自の生態系で育ったような棋風」なので、
それを発揮するのには、やはり振り飛車だと思う

さあ、来週はタニーvs豊島だ これは見逃せないね