第19期 銀河戦
本戦Bブロック 1回戦
田丸 昇八段 vs 野田敬三六段
対局日: 2010年8月31日
解説:武市三郎六段
聞き手:本田小百合女流二段
記録:野田澤彩乃女流1級

22年度の成績は、野田4勝4敗 田丸3勝3敗 2人は初手合い

解説の武市「野田は、詳しいことはわからないが、見るからにまじめそうな人
 田丸は居飛車党で手将棋を得意とする」

先手野田で、▲向かい飛車vs△飯島流引き角に進む
後手の玉が△4二玉の形のときに、野田が機敏に仕掛けた!
なんと一瞬角損の攻めになったが、これが成立していた 野田リード
野田、初めて見るけど、なかなかやるねえ 

田丸のほうも、△5五飛と、中央に打ち、粘る ここまでは良かったのだが・・・
田丸、先手陣の2七の地点を狙って駒を投入、一気に攻め込もうとしたが、
野田も大量に駒を投入して受け、受け切ってしまった
結果、野田の勝ち

これくらいしか、書くことないです(^^; このメンツではやっぱり盛り上がらなかった

序盤と、△5五飛までは面白かったんだけどね
2七の地点への数の攻め、数の受けになってからは、単純な展開になってしまった 残念だった