第19期 銀河戦
本戦Dブロック 1回戦
安西勝一六段 vs 櫛田陽一六段
対局日: 2010年9月10日
解説:神谷広志七段
聞き手:貞升 南女流1級
記録:井道千尋女流初段

オープニングの宇宙空間に惑星が浮かぶ絵は、どうしてもガンダムを想像してしまう
♪ドーンドコドコという重低音は、ザクが編隊を組んで出てきそうだ

22年度の成績は、安西4勝3敗 クッシー2勝6敗 2人の対戦成績は、安西の5-2
安西は予選で勝又に勝ち本戦進出 クッシーは前期決勝トーナメント進出によりシード

解説の神谷「安西は非常に積極的で、とにかく自分から動くのが安西将棋の魅力
 クッシーはさばきの将棋、早指しが得意で早見えの天才、調子にムラっけがあり、
 勢いづくと止められないが、下り坂になるとひどい 両者振り飛車党」

安西の将棋は初めて見る クッシーはもう銀河戦ではおなじみだ
先手安西で、両者角道を止めるという、見たことのない出だし
神谷が「正体不明の序盤」と言っていたら、クッシーに驚愕(きょうがく)の手が出た
せっかくなので、ぜひ見てもらいたいので、柿木形式で再現しました↓

先手:安西
後手:クッシー
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △5四歩 ▲6八銀 △6二銀
▲5六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲7七銀 △4三銀
▲2六歩 △3三角 ▲7九角 △7一銀 ▲5八金右 △2二飛

神谷「振り飛車党同士が、けん制しあって、相矢倉になることもある」と
言っていたところ、こんな手順で対抗形になってしまった(笑)
なんですか、この16手目の△7一銀という手は!!
これには神谷も、聞き手の貞升もびっくり、そりゃ驚くよね(^^;
神谷「これは初めて見ました(笑)」
貞升「これは予想できたらすごいですね(笑)」
こんな序盤があるんだな~、将棋の序盤の可能性は無限だね(笑)

結局、▲居飛車穴熊vs△向かい飛車+美濃に落ち着いた
その後は、「クッシーがうまく指し優勢になったらノータイム指し、それがアダになりミスして不利に、
そこから時間を使うクッシー、安西もミスし、クッシーの底歩の勝負手が炸裂、
あとはまたクッシーのノータイム指し」という流れ

神谷が何度も「先手、元気が出ました」 「今度は後手が息を吹き返しました」と言う解説
3転4転した将棋だった 聞き手の貞升さんが、ポイントでの質問が的確で、けっこういい味を出してた

クッシーの指し方がノータイム、何度も形勢が揺れ動くので、
なんだか、24の高段の30秒将棋を観戦している感じだった(笑)
「おおっ」という手も多く出て、どっちが勝つか、ハラハラドキドキ、こういうのも楽しいね
結果、158手でクッシーの勝ち 

ともあれ、この序盤の△6二銀~△7一銀の発想、これは笑ってしまう
アマ低級者もびっくりじゃないだろうか(笑)
これからも自由な発想で指すプロが多くいてほしい、と思った 
この△7一銀は、佐藤康光でも指すかどうか? 
序盤は駒を前に出すことを考えてる居飛車党には、△7一銀は絶対指せないだろうな~(^^;