小林裕士六段vs島 朗九段   NHK杯 2回戦
解説 山崎隆之

矢内、またいつもの後ろにまとめた髪形だ そろそろ飽きたかな と言うより、
今までよく毎回違う髪形にしてくれたものだが(^^;
そして解説に山崎が来たー メガネを変えたのだが、相変わらずかっこいいね

画面にデカコバと島が映った デカコバはやはりでかいわ 
年鑑によれば、185センチ、93キロだもんね

山崎「デカコバは普段から明るく陽気で、いっしょにいて楽しい 早見え早指しの天才肌
 攻める展開になると、ものすごく強い 関西では一番の才能という人も多い もっと活躍していい棋士 
 島は居飛車党の本格派、じっくりとした戦いを得意とする研究派 島も攻め将棋」

事前のインタビュー
デカコバ「1回戦の里見戦は、かなり緊張したがなんとか勝てた
 今日は相居飛車になると思う 強い相手だががんばりたい」

島「1回戦の井上戦は、最後のほうは実力が出しきれた
 デカコバは早見えの天才型なんで、私がウンウンうなって、苦しいことになると思うが、
 自分の力を出し切れればいい」

先手デカコバで、矢倉にスラスラ進んだ お互いに指し手がかなり早い
相矢倉かな~、と思いきや、意外にも島が急戦矢倉中飛車に!
山崎「お~っと、これは、自ら攻めるという意思表示ですね」
これはプロではめずらしい 面白くなりそうだ

ここで2人の対戦成績が出た 1-1で互角 4年に1回、当たっている
山崎「オリンピックみたいな当たり方ですね」
矢内「ははは」

山崎「先手としては、ゆっくりとした展開になれば自然に作戦勝ちになる」
と言っていたら、やはり後手の島から攻めてきた
いきなり△6五桂と跳んで来て、攻める気満々だ 指し手もすごく早い まだ考慮時間に入ってない
△5七歩の垂らしもきて、なんかもう終盤が近い!?

すると、デカコバも才能を見せた ▲5四歩、空中に垂らしのお返し!
山崎「なるほど、さすがという感じ」

▲5四歩を、自分も、さすがだな~、これは利かしが一発入ったか、と思って見ていた
らば、島、手抜きで△5五銀左の突進!! 手抜きがあったのか! 
今日の島は超積極的だ ・・・まだ番組開始から40分も経ってないぞ 
お互いにもう玉を固めようが無い ホントにこれ、すぐ終わっちゃうんじゃないの?
プロらしからぬ攻め合いで、ドキドキだ 

山崎「ここでデカコバが長考しているのは、△5五銀左の突進を軽視していたのかも
 予想外の厳しさだったかも」
顔が明らかにこわばっているデカコバが映し出された
矢内「ここまでは島の攻めが炸裂している感じがします」
お互いの玉は薄々だ、ドキドキドキドキ

島の攻めは続き、銀打ちから先手の金をはずした局面、
山崎「ここで次は▲6七同金以外は絶対にないですからね 他の手は考えられません」
だが! デカコバの次の手は、なんと▲8六角の覗きだった!!

・・・この場面、山崎が事前に「この次の手がはずれるようなら、矢内さんをあきらめます」
とまた言ってくれていたら、面白かったのだが(^^;

山崎「え? え? す~ごいですね デカコバ、天才という感じですね なるほど・・・
 こんな手を考えられる人がいるんですね」
矢内「いたんですね(笑)」
山崎「すごい勝負手ですね」
この角の覗きには、こんどは島が口をポカーンと開けて、考え込むことになった(笑)
これは猛烈な攻め合いだ

島、考慮の末、考え出した次の一着は? なんと、△5八歩成!!
な、何? この歩成の意味は何? 成銀が、タダで取られちゃうじゃん 意味がわからない
この終盤にきて、意味がまったくわからないっていうのは、自分はめったにないんだけど・・・
もう1回考えたけど、意味がわからない △5八歩成って何??
山崎「△5八歩成の意味は? さて・・・?」

当然、デカコバは成銀をありがたく払った 島の続く手は、なんと・・・ 
△5六銀???? ・・・△5六銀???? そうか!! これが詰めろで金取りか!! 
わーーーーーお すんげえええええ!!
矢内「あ~ なるほど~!」
山崎「今日、見られてる視聴者の方には、すごいうれしい将棋ですね!」
わーーーーーお、ホントにすんげええええ!!
島、これで勝ったら、カッコ良すぎるぞ!

矢内「なかなかこんな一直線の将棋ってないですね」
一直線だし、互いに妙手の応酬!!
そして、島、なんと、最後は鮮やかに11手詰みの即詰みに切って落とした!! 68手で島の勝ち!
島は考慮時間を6回も残していた
ええ~、すごすぎる!! 島、どうしたんだ、何があったんだ、この強さは!!
漫画のドラゴンボールでもないのに、ビックリマークの連発の将棋! うわーおぅぅ!!

この一局、島に、将棋の神降臨!! △5六銀って・・・ これは・・・
もし、「島将棋 実戦集」が出たら、巻頭を飾ってもおかしくない将棋!
すごかった! ホントに島、すごかった!

矢内「こういう一直線の将棋があるんですね」
山崎「華々しい、見ごたえがある将棋になりましたね 非常に面白い将棋でしたから、
 デカコバに後悔はないと思いますね」

58分で終局となった将棋だったが、濃かった! 面白かった!
こんな将棋が見れて、本当に幸せだ スタンディングオベーションを送りたい!
NHK杯に、そして本局の島に、乾杯!! パチパチパチ