今日の朝日新聞の朝刊の29面、生活の欄に、「ケータイ依存症の診断基準」という記事があった
それによると、以下の項目の3項目以上に該当すれば、「ケータイ依存症」と見立てるそうだ

・予定より多くの時間、ケータイに触ってしまう
・ケータイの使用時間を減らしたり、やめたりできない
・体や心によくないと思っても、時間に見境いなく触ってしまう
・使用時間を増やさないと、楽しいと感じなくなる
・使い終えて余韻がさめるまで、とても多くの時間がかかる
・勉強や部活、家庭での手伝いよりも、ケータイが優先する
・ケータイに触らないでいると不安が高まり、再び触ってしまう

↑(米精神医学学会作成『アルコール依存症』の診断基準をもとに渡辺教授が作成)


私はケータイ依存症では全然ないが、あることを思いついた
これ、「ケータイ」のところを、他の何かに置き換えれば、何にでも使えるんじゃないの?
例えば、「将棋観戦」とか、「ドラクエ3」とか、「宇多田ヒカル」などだ
ほぼ毎日のように書いている「ブログ」に置き換えて、自分に当てはまるかどうかチェックしてみました

・予定より多くの時間、ブログに触ってしまう              当たり!
・ブログの使用時間を減らしたり、やめたりできない         大当たり!
・体や心によくないと思っても、時間に見境いなく触ってしまう    むしろ心身にいいと思ってるし(^^;
・使用時間を増やさないと、楽しいと感じなくなる            好き放題やってるし(^^;
・使い終えて余韻がさめるまで、とても多くの時間がかかる     書くネタを半日以上探してたことも
・勉強や部活、家庭での手伝いよりも、ブログが優先する      当然!(笑) 
・ブログに触らないでいると不安が高まり、再び触ってしまう    書かないと落ち着かない(^^;

全部該当、私はブログ依存症だ~(笑)