広瀬章人王位vs渡辺 明竜王   NHK杯 2回戦
解説 勝浦 修

おおー、矢内、髪型がまた変わっている! 左右にタラーンと垂らして、AKB48のメンバー
みたいな髪型になっている 凝っているなー

解説の勝浦は、広瀬の師匠とのこと
勝浦「広瀬は王位戦では、思った以上の力を発揮してくれた 私もびっくりした
 渡辺としては今日は先輩として貫禄を見せたいんじゃないか」

事前のインタビュー
広瀬「渡辺は人間的にも立派な方だと思います お互いが望めば相穴熊になるだろう」

渡辺「広瀬は一番勢いがある若手、非常に終盤力がするどい 戦型は相穴熊になるだろう」

で、相穴熊になったんですよ、この一局
普段なら、私は相穴熊は見ないんですけど、王位vs竜王だから、見ようと思って、
最後まで見ることにしたんです そしたらこれがもー、長いわ長いわ・・・
延々続く、金銀の埋め合いvsはがし合い・・・

矢内「相穴熊は精神的にタフじゃないと指しこなすのは大変そうですね」
勝浦「果てしなく戦いが続いてる」
矢内「お互いに決定打がないですね」
私はもうテレビの前で死にかかってました 

結局、終局したのは192手 なげーよ・・・orz
見所はどこだっただろう やはり95手目、広瀬が▲4七金と離して打ったところ、
それに対して渡辺も△4九金と離して打ったところだろうね

最後の△9四角は、何パーセントくらいの人が気がついていたただろうか
私はもちろん全然気がつきませんでした すでに気を失いかけてたので・・・
みなさん、お疲れ様でした(^^;