第19期 銀河戦
本戦Gブロック 1回戦
牧野光則四段 vs 清水上徹アマ
対局日:2010年9月12日
解説:瀬川晶司四段
聞き手:竹部さゆり女流三段
記録:伊藤明日香女流初段

土曜に放送された銀河戦
清水上(しみずがみ)アマ登場 対するは新四段で22才の牧野

22年度の成績は、牧野7勝3敗 2人は初手合い
清水上はアマ王将戦準優勝で出場権獲得 牧野は予選で桐山を破っての本戦進出

解説の瀬川「清水上はNECに勤めていて、同じ将棋部で団体戦もいっしょによく出ました
 さわやかで明るく将棋も強い、振り飛車党
 牧野はまだプロになったばかり、居飛車の本格派 2人とも定跡通」

先手清水上で、▲ゴキゲン中飛車vs△角道を開けない居飛車になった
牧野の趣向で、後手は右銀をどんどん繰り出し、先手の角頭を狙ってきた

清水上は▲5五角と軽くかわし、後手の飛車を△9二飛とさせた局面、
22手目、ここで牧野に、局後「これがもう敗着でした」という手が出る
5五の角を追う、自然に見える△5四歩、これがなんと敗着とのこと
後から思えば、これで戦いが激しくなってしまったんだね

瀬川は「角交換は後手がまとめきれないので、△4四歩と交換を拒否するだろう」と解説していたのだが、
牧野は交換してしまった
角交換になってからは、一方的に清水上がペースを奪った
瀬川の言うとうり、後手の駒はバラバラで、全然まとめきれなかった

優勢になってからは、そのまま順当に押し切り、清水上、95手で完勝!
清水上は考慮時間を5回も余しての勝ちだった
見ていて、危なげが全くなかった
考慮時間にも差がついたので、清水上の圧倒的な勝利という感じだった

瀬川「清水上が思い切り良く踏み込んで快勝だった、牧野としては不出来な一局」

終局後にインタビューがあった
清水上「優勢になってからは落ち着いてさせた、全体的にうまく指せた、すごくうれしい」