飛車をぶつけられて、取れずに歩を謝るようでは、渡辺、どう考えてもおかしい!
コバケン「さー えらいことになりましたよ これは逆転までありますよ」

コバケン先生、何回も棋譜を持ってくるスタッフに、「まだ対局やってる?」と
訊きながら棋譜を受け取っていた

コバケン「本譜の展開を見ると、▲3五桂がどうだったか・・・
ひさしぶりの羽生の粘り強さが出たか」

コバケン「はあ~あ! 面白い手順になりましたよ、ここから! ドーンといきました、△5九馬!
(手が進み)△2八飛成! 逆転しましたね」

コバケン「これは大逆転コースになりました 羽生玉がもう見えないです
次の手は、私だったら(馬に当てる)△8四歩」
お客「△5六歩は?」
コバケン「あ、そのほうが筋がいいですね △8四歩はオッサンくさいね」
スタッフが棋譜をもってくると、
コバケン「あ、でも羽生もオッサンくさい手です △8四歩です(笑)」

コバケン「いや、これはひどいことになったもんだなあ
恐ろしいね やっぱり将棋ってあきらめたらアカンのですね」

棋譜が入らなくなった
コバケン「指し手が入ってこないのは、投了したんで、現場が騒然となってるからでしょう」
で、いくばくもなく、渡辺が投了! 羽生の大逆転勝ちとなった

コバケン「いや~、まれに見る激戦でしたけど・・・ 渡辺って、こういう負け方しない人じゃないですか
羽生にしても、角を捨てていった中盤があまりにも変だった・・・
渡辺竜王、楽観しましたね 業界用語で言うところの、温泉気分だった、というやつでしょう
▲2九香のところでは、楽勝、必勝体勢だった
▲3五桂は、寄せの好手かと思いましたが、あそこから流れが変わってしまいましたね(^^;
こういう負け方はダメージが大きいですよ 7番勝負、これで面白くなったと思います」

いや~、渡辺、大逆転負けか うーん、この勝負、どちらも納得がいかない内容だったと思う
羽生にしてみれば、いきなりの角切りで勝てるほど単純なわけはなかったと思っているだろうし、渡辺にしてみれば、絶対勝てる将棋を落としてしまったという痛い負け
コバケン先生のほうが手が見えていて、先手勝ちの修正案を色々出していた

まあ、見ているほうにしてみればどっちが勝つのか、面白かったけどね
竜王戦という頂上決戦で、▲2九香の局面から負けてはいけないよね 
最高の棋譜を残すのがトッププロの使命だもんね やっぱりね

次の第4戦、解説会は26日にあるが、福崎九段の解説だ
福崎さんの漫談を聞きに、これはぜひ行こうと思う  (終わり)