第19期 銀河戦
本戦Eブロック 2回戦
阪口 悟五段 vs 阿部健治郎四段
対局日: 2010年8月16日
解説:杉本昌隆七段
聞き手:藤田 綾女流初段
記録:渡辺弥生女流2級

1回戦で里見女流に完勝した新人王アベケンの登場 対するはワンパク中飛車の著書がある坂口
坂口はデカイ 年鑑によると、173.9センチ 99.9キロだ

22年度の成績は、坂口7勝9敗 アベケン15勝3敗 2人の対戦成績はアベケンの1-0
坂口は予選で西川七段に勝ち本戦進出

解説の杉本「坂口は力強い振り飛車党 先手なら三間、後手ならゴキゲン 
 彼の中飛車はワンパク中飛車と呼ばれる
 アベケンはプロ2年目で21才、居飛車党だが他の戦法も研究している」

先手坂口で、相振り、それも相三間飛車になった
アベケンは1回戦の里見戦に続き、連続だ 

後手のアベケンから角交換をしたのだが、これが何か誤算があったようだ
坂口に向かい飛車に振りなおされ、好形を築かれてしまった
杉本「三間は角打ちに弱い」
アベケンは三間のままなので、角打ちのキズがあり、作戦負けしてしまった

アベケンが駒組みに困っているスキを突き、坂口、▲5六角の自陣角を放った
杉本「決断の角ですね 自ら手を作っていく坂口らしい手」
これが好手で、感想戦でアベケン「▲5六角でまいった」

ああ、アベケン、勝つものだと思っていたが、これはもうここまでか
作戦負けから一方的に攻められて負けそうだ どうにも挽回する策が思いつかない
アベケン、大苦戦!

しかし、アベケンはここから粘った
杉本が賞賛する粘りで、杉本「後手をもってどうまとめるのか全くわからなかったが、
 アベケンの強さが出た」
おお、さすがアベケンだ 里見戦での強さは際立ってたからね ここから逆転があるのか?

両者30秒将棋で、坂口が飛車切りから決めに出た 
坂口の歩の突き出しに、アベケン、びっくりの手抜き!
完全必至がかかった後手玉、アベケンは詰まさなければ負けだ
先手玉は詰むや詰まざるや!? ドキドキドキ

で、結果はピッタリの17手詰み!! アベケンの逆転勝ち!! うおーアベケン、やっぱ強ぇええー!

杉本「終始、坂口のペースだったと思うが・・・ まさかアベケンの△2二飛~△2五歩~△2六歩が
 間に合うとは・・・ 見事なアベケンの終盤だった」

感想戦では終盤をやってくれたが、アベケンの指し手はどれも本筋のものばかりという検証結果だった
いや~、アベケン、今回は作戦負けだったから、負けると思ったのに・・・ 
この逆転勝ちは、とても強い勝ち方! 中盤の粘り腰、そして特に終盤が強い!
1回戦の里見戦に続き、「アベケン、強し!」を印象づける一局だった これからますます注目だ